ホワイトソースの保存方法と賞味期限は?

ホワイトソースを事前に作り置きしておきたい。
あるいは、作りすぎちゃったってことがあるかと思います。
そんなとき、どのようにして保存すると良いのでしょうか?
こちらではホワイトソースの保存方法と賞味期限を紹介いたします。

スポンサーリンク


冷蔵保存の場合は?

数日間保存したいという場合は、冷蔵保存が良いでしょう。
その場合、粗熱が取れたらタッパーやジップ付き袋など密閉できる容器に
入れて保存すると良いのですが、器に入れて上からラップをかぶせる
という方法でも構いません。

ホワイトソース

ラップをかぶせる場合は、できるだけ空気に触れさせない方が良いので、
ホワイトソースに密着させるような形で、包んでください。

におい移りが気になる場合は、密閉できるものに入れた方が好ましいです。

保存期間(賞味期限)の目安は?

目安としては3~4日程度
ただし、牛乳など材料が古い場合はこの限りではありません。

冷凍保存の場合は?

長期保存されたい場合は、冷凍保存が向いています。
保存方法としては、粗熱が取れたらフリーザーバッグに入れて
しっかりと空気を抜いてできるだけ平ら(板状)になるようにして保存します。
なお、平らにならした後、箸などで1回分ごとに型を入れておくと
パキパキと割れやすくなり、使用するときに便利です。

タッパーに入れる場合は、小さめのタッパーに小分けにすると使いやすいかと思います。

ふたつきの製氷皿をソース保存用として使うと、
ブロックとしてホワイトソースを使用することが可能になります。
凍ったら、フリーザーバッグに移してできるだけ空気を抜いて保存すると良いでしょう。

楽天でふた付き製氷皿一覧を見てみる

弁当や付け合わせなどちょっとしたときに便利です。

解凍は?

解凍は、使用する前日に冷蔵庫に移して自然解凍か
フリーザーバッグごと湯煎する、あるいは常温で自然解凍、
電子レンジで解凍後、鍋に移して加熱します。

必要に応じて水や牛乳を足して、のばしてください。

解凍すると、水分が分離しますが、鍋で加熱しながら
かき混ぜると元に戻りますので、気にしないでください。

冷凍したホワイトソースを割って解凍せずに直接鍋に入れて
加熱することも可能です。

保存期間(賞味期限)の目安は?

目安としては、1~2か月程度
ですが、半年など長期保存も可能です。

ただし、保存期間が長くなればなるほど、冷凍焼けを起こす可能性が
増えたり、風味が劣化しますので、なるべく早めに使用するようにしましょう。

スポンサーリンク


作り置きする場合のポイントは?

作り置きする場合は、ホワイトソースはさらさらよりも
どろどろとする濃いものを作ってください。
そうすることによって、グラタンなどの料理に使用することができますし、
のばせば様々な料理に使用することができるといったバリエーションを
持たせることができます。

また、中に具材は入れないようにした方が良いでしょう。
特にジャガイモなどは冷凍してしまうと解凍したときに
スカスカになってしまいます。

腐るとどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 変なにおいがしている
  • 酸っぱい味やにおいがする

このような場合は食べない方が良いでしょう。

冷凍すると、ホワイトソースが稀に黄色くなることがあります。
これは、バターの成分が上に浮き出て凍ったものと思われます。
その場合、解凍して加熱しかき混ぜると元に戻るかと思います。
ただし、加熱後も黄色いままだとか、味がかなり落ちているような場合は、
あきらめた方が良いかもしれません。

まとめ

ホワイトソースは、冷蔵保存だと数日間。
冷凍保存の場合は、かなり長く保存できますし、
保存形態によっては、ちょっとした時にも使えるので、
作り置きしておくと、いつでも使用することができます。

あまりにも保存が長くなると風味の劣化につながりますので、
半年や1年などの保存はできるなら避けてくださいね。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA