手作りそぼろの保存方法と賞味期限は?

鶏そぼろや牛肉そぼろ、豚肉祖そぼろなどひき肉のそぼろはいろいろとありますが、
そぼろを多く作りすぎちゃった。
あるいはそぼろを作り置きしておきたい。
ということがあるかと思います。
では、そぼろを保存するにはどのようにしたらよいのでしょうか?
また、賞味期限はどれくらいもつものなのでしょうか?
こちらでは、そぼろの保存方法と賞味期限について紹介いたします。

スポンサーリンク


常温保存は?

季節やお住いの場所、部屋の温度などにより変わってきますが、
常温で保存することは基本的に避けてください。
手作りでは保存料は含まれていませんので、
味が濃く水分を飛ばしていたとしても、
常温では傷みが早いです。

そぼろ

冷蔵保存の場合

数日以内に食べるという場合は、冷蔵保存でかまいません。
保存方法は、瓶に詰めたり、ジップ付き袋やタッパーなど
密閉できる容器に入れて、できるだけ空気を抜いてふたをして
冷蔵庫で保存します。

お皿に入れてラップをかけるというのも良いのですが、
できるだけ空気に触れないようにした方がよいので、
ラップをかける際は、そぼろに密着させるようにして
空気が入り込まないように包んでください。

なお、粗熱が取れてから冷蔵庫に入れるようにしてください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

目安は3~5日程度。
味付けが濃く水分を飛ばしている場合は、1週間程度は保存できるかと思います。
また、チルド室に入れた方が保存はききます。

長期保存なら冷凍保存が向いている

長く保存したい場合は、冷凍保存が向いています。
また、薄味で汁気が多い場合も念のため冷凍保存がよいかもしれません。

保存方法は、ラップに小分けにしたものをフリーザーバッグに入れて
できるだけ空気を抜いて保存します。

タッパーに入れる場合は、水分を飛ばしたそぼろだと
ふたをして2時間後あたりに一度冷凍庫から出してタッパーを
振ってくっつくのを防止すると、パラパラの状態が保たれます。

フリーザーバッグに直接入れる場合は、できるだけ平らにならして、
空気をできるだけ抜いてから保存するようにしましょう。
その際、定規などで1回分ごとに型をつけておくと、
使用するときにパキッと割れ使いやすくなります。

なお、粗熱が取れてからラップに包んだりタッパーに入れるようにしてください。

また、凍らせるときは金属製のトレーなどの上に置いて
凍らせると早く凍りますので、より良いです。

解凍は?

解凍は使用する分だけを前日に冷蔵庫に移して自然解凍
好ましいです。
急いでいる場合は、常温で自然解凍もしくは電子レンジで
解凍されても良いです。
電子レンジでチンされる際は、そぼろの脂で
ラップが解ける可能性があるため、ラップを外して
お皿に移して、温められた方が無難です。

解凍したものを再冷凍することは避けてください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

目安としては1か月
それ以上保存することもできますが、
保存期間が長くなると、風味が落ちていきますので、
なるべく早めに食べるようにしましょう。

スポンサーリンク


保存率を上げるには?

  • そぼろの水分をできるだけ飛ばす
  • 砂糖や生姜を多めに入れる
  • 味付けを濃くする
  • レモン汁を入れる

味付けは好みがあるかと思うのですが、
甘めにして水分をできるだけ飛ばすように炊くことを心がけると
保存率が上がります。
ただし、焦がさないように注意してくださいね。

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • 納豆のような変なにおいがしている
  • 酸っぱいにおいや味がしている
  • 最初の状態と比べて明らかに変色している

このような状態のときは食べないようにしてください。

保存期間が長くなった場合は、
電子レンジでチンしたり、炒り直したり
そぼろの中心まで加熱するようにしてください。

冷凍していて、冷凍焼けを起こしてしまって味が落ちた場合は、
コロッケなど何かに混ぜて使用すると良いかもしれません。

まとめ

手作りそぼろは、味付けの濃さや水分の状況で
保存できる日数が変わってきますが、
保存期間が短い場合は、冷蔵保存(チルドが好ましい)で
長くなるようなら冷凍保存が良いです。

冷凍保存の際は、1回分ずつに分けれるように保存されると
使いやすいですよ。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA