こんにゃくの保存方法と賞味期限は?

こんにゃくは、開封前のものは、
長期保存できますが、開封すると
保存期間が落ちてしまいます。
基本的には、冷蔵保存が向いている食材です。
冷凍するとスポンジ状になるため、
食感は元に戻りませんが、
冷凍こんにゃく用レシピがあるため、
チャレンジするのも良いかもしれません。

スポンサーリンク


袋のままのこんにゃくの保存は?

開封前のこんにゃくは、そのまま冷蔵庫で
保存します。
寒い時期でしたら冷暗所で保存できますが、
基本的には冷蔵庫で保存する方が良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

開封前のこんにゃくの賞味期限は、パック参照。
およそ30~90日と賞味期限を設けていますが、
保存状態が悪くなければ、半年くらいは腐りません。

こんにゃく

開封後、余ったこんにゃくの保存は?

開封後は、パックに入っていた水をタッパーなどに移しておき
余ったこんにゃくをその中に入れて、ふたをして冷蔵庫で保存します。
パックに入っていた水を捨ててしまった場合は、普通の水で構いません。
普通の水をボールやタッパーなどに入れて、
余ったこんにゃくがしっかりと浸かるようにします。
普通の水の場合は、2~3日くらいに一度水を交換するようにしてください。

パックに入っている水の正体
こんにゃくのパックに入っている水は、
こんにゃくと同じ濃度のアルカリ水です。
アルカリ水には、殺菌作用があるため、この水に浸けておくと
保存が長くなります。
保存期間(賞味期限)の目安は?

開封後のこんにゃくの賞味期限は、1週間~1か月程度
パックの中にある水を使った方が長持ちします。

冷凍保存するとどうなる?

こんにゃくを冷凍してしまうと、解凍したときに中の水分が
抜け出てしまい、スポンジ状になってしまいます。
この状態になると、こんにゃくの食感はなくなりますし、
水に浸けても元には戻りません。

食感は、ゴムのような牛筋のような感じになります。
あえて、この食感を楽しむ人もいますが、
こんにゃくの食感を楽しみたいのであれば、
冷凍しない方が良いでしょう。

冷凍したこんにゃくの食感を楽しむ料理も存在します。
まずは、保存方法ですが、
板こんにゃくを適当な大きさに手でちぎって、
軽く塩もみしたあと、1~2分程茹でて、アク抜きをします。
ざるに取って水気を切り、冷ましたらフリーザーバッグに入れて冷凍保存します。

解凍は、自然解凍するか、流水で解凍します。
解凍し終わったら、どの料理に使うにも、
手でギュッとしぼって余分な水分を出すのがポイントです。

食感が肉っぽくなるのを活かし、
から揚げにすると、肉よりも味が中まで
しみ込むため、美味しいそうです。
こんにゃくのから揚げレシピ

煮物に使用しても、味が中までしみこみますし、
いつもと違った食感が楽しめますし、
冷凍するときに、ステーキ程度の大きさに
カットしておけば、こんにゃくステーキにできます。
こんにゃくステーキの作り方

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍こんにゃくの賞味期限は、1か月程度

スポンサーリンク


どうなったら食べない方がいいの?

  • 異臭がする
  • ぬめりがある
  • ドロッとしている(崩れている)
  • 袋に入っている場合は、袋が膨張している
  • 袋に入っている場合は、水が濁っている
  • ボールなどに水を張り保存している場合は、
    なんだかわからない膜が張っているとき

こんにゃくは、腐ると悪臭を放ちドロドロになっていくので
わかるかと思いますが、上記であげたような状態になっていたら
食べないでください。
長期保存すると、こんにゃくが縮むことがありますが、
こんにゃくから水が抜け出た状態です。上記のような状態でなければ、
食べることができます。

新鮮なこんにゃくの選び方は?

  • 賞味期限が長いもの
  • 触ってみて、適度な弾力があり、柔らかすぎないもの
  • 縮んで固くなっていないもの

これといって選び方というものはありませんが、
豆知識として、製造が国産となっていても、
原材料であるこんにゃく粉が中国産であるものが多いそうです。
原材料が『生こんにゃく芋』となっている場合は、昔ながらの製法で
作っており、こちらは、国内産となります。
このあたりが気になる様でしたら、
値段は少々高くなりますが、生芋こんにゃくを購入すると良いでしょう。

まとめ

  • こんにゃくは、基本冷蔵保存する
  • 開封前は、賞味期限が切れても、半年くらいは保存できる
  • 開封後は、パックの中の水に浸けておくことで保存が長くなる通常の
    水でも保存できるが、その場合は、2~3日おきに水を交換する
  • 冷凍は出来るが、食感が肉っぽく変わってしまう
  • 冷凍こんにゃく用のレシピがある
  • こんにゃくは腐ると悪臭を放ち、形が崩れることが多い

このようにまとめることができます。

こんにゃくと言っても、様々な種類があります。
丸いものだったり、白滝のような細いものだったり、
中には赤いこんにゃくなどもありますので、
調べてみると結構面白いですよ!


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA