ごま油の保存方法と賞味期限は?

ごま油は、常温保存なのか?冷蔵保存なのか?
また、酸化したらどうなるのか?について
詳しく説明しております。

スポンサーリンク


ごま油の常温保存は?

ごま油は、基本的に常温保存可能です。
保存方法としては、油の酸化を防ぐために

  • 高温になるところを避ける
  • 紫外線の当たるところは避ける
  • 空気に触れないようにする

という条件化で保存する必要があります。
ですので、この条件に当てはまる
冷暗所での保存が良いでしょう。

また、遮光容器に入っていないごま油は、
容器にアルミホイルを巻くことで
紫外線による酸化を防ぐことができます。

開封後は、空気が入らないようしっかりと
ふたをして保存しましょう。

また、ガス台など火を使う近くは、
高温になってしまうので置かないようにしてください。

保存期間(賞味期限)の目安は?
  • 缶タイプのごま油の賞味期限は、2年6か月程度
  • 瓶タイプのごま油の賞味期限は、2年程度
  • ペットボトルタイプのごま油の賞味期限は、1年6か月程度
  • 開封後は、1~2か月程度を目安に使いましょう。

[/check_list"]

なお、賞味期限が切れても、使用することができますが、
その場合は、酸化していないかどうか確認してください。
また、古くなってくると風味がなくなってきます。

ごま油

ごま油の冷蔵保存は?

ごま油は、およそ4℃以下になると白い浮遊物が
浮いたり、場合によっては固まってしまうので、
冷蔵保存はおすすめしません。

ごま油を冷蔵するのでしたら、
冷蔵庫のドアポケット
野菜室での保存が良いでしょう。

冷蔵庫の温度は、およそ2~5℃に対して
ドアポケットの温度は、6~9℃
野菜室の温度は、5~7℃程度です。

ただし、冷蔵庫の性能や設定によっては、
ごま油に白い浮遊物が浮いたり、固まったり
する場合もあります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

開封後冷蔵庫での賞味期限は、1~2か月程度

ごま油は酸化しにくい油

ごま油は、他の油と比べて酸化しにくい油です。
これは、ゴマに含まれるゴマクナリンという
抗酸化物質のおかげ!!

揚げ物で使用したサラダ油等に
ごま油を少量足すと保存性が高くなります。
覚えておくと便利ですよ^^

酸化したらどうなるの?

ごま油が酸化すると、

  • 油臭くなる(嫌な臭いがする)
  • 風味がなくなる
  • 変色している
  • 味が変わっている

このような場合は、酸化しているものと思われます。
風味が落ちてきたかな?と思われるものは、酸化が始まる段階。
早めに使用するようにしましょう。
これを過ぎると、使用しないほうが良いでしょう。

まとめ

ごま油は、基本的には常温保存で構いません。
夏の暑い時期に、シンクの下やガス台の下が
暑くなるようでしたら、冷蔵庫のドアポケットや
野菜室に入れて保存すると良いかと思います。

ただし、固まったり浮遊物が浮く可能性がありますが、
その場合は、湯銭すると元の状態に戻ります。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA