そのまま冷凍法!下茹でせずとも大丈夫!?

野菜などを冷凍する際は、ブランチング(下茹で)してから
冷凍するのが基本ですが、あることをすると
生のままでそのまま冷凍することができます。
そのあることとは?単純なことなので試してみてください。

スポンサーリンク


そのまま冷凍法手順

  • 野菜を洗い、水気をしっかりと取ります。
  • 使いたい大きさに切ります(薄く小さくしたものが良い)
  • フリーザーバッグに野菜が出来るだけ平らになるように入れます。
    この時に空気をしっかりと抜いてから封をしてください。
  • 金属トレーに乗せて、冷凍庫に入れます。

これだけです!!
水気は、キッチンペーパーなどでしっかりと
ふき取ってくださいね。
金属トレー
金属トレーに乗せるのは、金属は熱伝導率が良いため、
すぐに凍らせることができるからです。
金属トレーなら基本なんでも構いません。
例えば、お菓子の入ってた缶などで結構です。
もっと簡単な方法ですと、野菜をラップに包んだ後
さらにアルミホイルで包み冷凍すると、
急速冷凍が可能になります。

できるだけ平らにするのは、
その方が早く凍らせることができるためです。
※野菜は重ならないようにすると、なお良し◎

野菜によっては、フリーザーバッグに入れる前に
凍らせた方が良いものもあります。
例えば、ブロッコリーなどがそれにあたります。
ブロッコリーは一つ一つ分けても、大きいですよね?
大きいものの場合は、金属トレーにラップをして
その上に切った野菜を乗せ、さらに上からラップをして
冷凍しましょう。
野菜が凍ったらフリーザーバッグに移し換えて
冷凍保存します。

冷凍のポイント
急速冷凍機能のある冷蔵庫は、
そのままで結構なのですが、機能が付いていない冷蔵庫は、
温度を『強』に設定してから、急速に凍らせましょう。
凍ったら温度を戻してください。

冷凍野菜

そのまま冷凍法のメリット

  • 急速冷凍するため、解凍時にべチャッとなりにくい
  • ブランチング(下茹で)する手間が省ける
  • 下茹でしないので、栄養が流れ出ない
  • どんな野菜にでも活用できる
  • 野菜だけでなく肉や魚の冷凍にも使える

このようなメリットがあります。

逆にデメリットとしては、
酵素や微生物の働きを抑制できないということと、
殺菌できないということでしょうか?

ブランチング(下茹で)したものも、
この方法を使えば、氷の結晶が大きくならないため、
細胞の破壊を減らすことができます。

結論

そのまま冷凍するか、ブランチングをするか
双方にメリットはありますので、
どちらの方法を使用するかは、
貴方にとって簡単な方を選べば良いかと思います。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA