りんごの保存方法と賞味期限は?

りんごの保存は、温度が0℃ 湿度が85~90%が
最適と言われています。
この環境に近い場所での保存が一番長く保つことができます。
種類により保存期間が変わってきます。
『つがる』や『秋映』などの早生種、中生種
長く保存することができません。
『シナノゴールド』や『サンふじ』などの晩生種は比較的長く
保存することができます。
リンゴの種類についてはこちら

スポンサーリンク


そのままの状態のりんごの保存は?

丸のままのりんごは、1つ1つ新聞紙に包んで、
その上からポリ袋やビニール袋に包んで密封して
冷蔵庫の野菜室で保存します。
または、ポリ袋の中にリンゴと一緒に新聞紙を入れる
形でも構いません。

寒い時期でしたら、常温保存も可能です。
その場合は、新聞紙に包んでダンボールなどに入れて、
風通しの良い冷暗所で保存してください。

野菜室に入れる時は、必ず密封!
リンゴは、エチレンガスをたくさん放出します。
このガスは、野菜や果物の成熟を早める作用があるので、
その分他の野菜や果物が早く傷むことになります。
ですので、リンゴを野菜室に入れる時は、
必ず密封した状態で保存しましょう。
保存期間(賞味期限)の目安は?

りんごの賞味期限は、2週間~1か月程度
食べるだけなら2か月持つものもありますが、
軟らかくなったり水分が抜け、カスカスになったり
美味しくなくなりますので、できれば早めに食べましょう。

りんご

切ったりんごの保存は?

切ったりんごは、切り口にラップをあてて野菜室で
保存するのもいいですが、
変色を抑えるために、塩水に浸けてから保存するか、
塩水に浸けたまま保存すると良いでしょう。
塩加減は薄い塩水になるくらい、
ボール1杯の水に塩を一つまみ程度で良いです。
また、レモン水に浸ける事でも変色を抑えることができます。

そのまま漬け置きにする場合は、
ボールやタッパーに薄い塩水を入れて、切ったりんごを入れます。
タッパーは蓋を、ボールならラップをして、冷蔵庫で保存してください。

変色防止の裏ワザ?
丸のままのりんごを流水で2分程度
ぬるぬるを落とすように洗います。
次に塩を大さじ1杯程度手に取り、
2分程度、りんごをよく揉んでいきます。
これだけで、切ったときの変色を
抑えることができます。
保存期間(賞味期限)の目安は?

切ったりんごの賞味期限は、1~2日程度
実際はもう少し長く保存できますが、やはり鮮度が落ちていきますので、
長くても2日以内に食べた方が良いでしょう。

切ったりんご

冷凍保存で長期保存

りんごはそのまま冷凍してしまうと、シャキシャキとした
食感が失われるため、冷凍には向かない果物と言われています。
食感を求めるなら、冷凍はしない方が良いでしょう。
ですが、食べ方を限定すれば、冷凍保存することができます。

冷凍保存方法は、
りんごを一口大程度に薄くスライスするか、すりおろします。
これにレモン汁を加えて(なくても良いが変色防止になる)、
フリーザーバッグに平らになるように入れて、
空気をしっかりと抜いて、冷凍します。
使用するときは、半解凍でシャーベットとして食べたり、
ヨーグルトに入れて食べるか、
凍ったまま他の果物と一緒にミキサーにかけて
スムージーにすると良いでしょう。
すりおろしたりんごは、カレーに入れても良いかと思います。

ちょっと凝ったものでは、
りんごを食べやすい大きさに切って、
シロップに2時間ほど漬け込んだものを冷凍します。
シロップは、水300cc:砂糖30gを加熱して
砂糖を溶かしたものを使用します。
甘くて美味しい冷凍りんごが出来上がります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍りんごの賞味期限は、1か月程度

スポンサーリンク


どうなったら食べない方がいいの?

  • 丸のままのりんごが黒や茶色く変色している
  • 異臭がする
  • カビが生えている
  • ぶよぶよしている

このような状態になった場合は、食べない方が良いでしょう。
変色したり傷んでいるのが一部分ならその場所を取り除くと、
他は食べることができますが、美味しくなくなっている場合があります。
また、時間が経ったりんごは、しわしわになったりカスカスになり、
甘みや酸味なども抜けて美味しくありません。
そのような古くなったりんごは、
ジャムや焼きりんごなどの加熱して作る料理
すると、美味しく食べることができます。

新鮮なりんごの選び方は?

  • 全体にハリがあり、軸がピンと立ったもの
  • お尻のくぼみが深いもの
  • お尻までしっかりと色づいているもの
  • より香りがするもの
  • 軸が太く弾力があるもの
  • 同じ大きさなら重いもの

お尻のくぼみが深いほど、またお尻がしっかり色づいているほど甘みがあります。
酸っぱいりんごを選びたいときは、お尻のくぼみが浅く色は緑っぽさが残るような
りんごを選ぶと良いでしょう。

全体的に艶があり、光沢があるものは、ワックスで磨いてそのようになっている
可能性があります。ですので、それだけでは決めないようにしましょう。

まとめ

  • りんごの品種によって、保存期間が変わってくる
  • りんごは、基本野菜室で保存、寒い時期は常温も可能
  • 切ったりんごは、酸化し鮮度が落ちていくので、早めに食べる
  • 塩水に浸けたり、レモン水に浸けることで酸化防止ができる
  • 冷凍には向いていないが、シャーベットやスムージーとして使うと
    美味しくいただける
  • 古くなったりんごは、加熱調理すると良い

りんごは、蜜が多ければ多いほど
甘く美味しいとされています。
蜜入りりんごなども販売されていますので、
探してみるといいかもしれませんね。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA