アスパラガスの保存方法と賞味期限は?

アスパラガスの保存温度は、2.5℃と言われていますが、
常温で保存すると成長していきますので、
常温保存には向いていません。
アスパラガスは鮮度が落ちやすいため、
生のままでは置いておかず茹でてしまいましょう。

長期保存の場合は、冷凍保存しましょう。
なお、グリーンアスパラガスもホワイトアスパラガスも
保存方法は同じです。

スポンサーリンク


そのままの状態の保存方法は?

濡れた新聞紙やキッチンペーパーなどで包んで(特に根本)
ラップで包むか、ポリ袋に入れて、野菜室で穂先を上に
立てて保存します。
切り口が、乾いていたり変色している場合は、
少し切ってあげると水あげがよくなり、鮮度が保てます。

寝かせて保存すると、上に伸びようとエネルギーを
使ってしまいますので、必ず立てて保存してください。
※常温で保存すると、成長していき鮮度が下がってしまいます。

うまく立てる方法
牛乳パックやペットボトルを半分に切ったものを
使用すると、うまく立てることができます。
ペットボトルの場合は、切り口が危ないので、テープなどで保護してください。
保存期間(賞味期限)の目安は?

生のアスパラガスの賞味期限は、2~4日程度
ただし、生の状態だと鮮度が落ちていきますので、
できるだけ早めに食べましょう。

アスパラガス

茹でたアスパラガスの保存方法は?

茹でたアスパラガスは、タッパーに入れるか、ジップロックに入れて
冷蔵庫で保存します。
多少鮮度が落ちますが、ラップで包んで冷蔵庫で保存することもできます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

茹でたアスパラガスの賞味期限は、2~3日程度

冷凍保存で長期保存

アスパラガスを食べやすい大きさに切って、
かために茹でます。
キッチンペーパーなどでよく水気を切ってから、
フリーザーバッグに平らになるように入れて、
しっかりと空気を抜いて冷凍庫で保存します。
解凍の際は、自然解凍させるか使用する前日に冷蔵庫に
うつしておくと良いかと思います。

茹ですぎ注意
茹ですぎると、解凍したときに
べちゃべちゃになってしまいます。
茹で過ぎには注意しましょう。
保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍保存の賞味期限は、1か月程度

スポンサーリンク


腐るとどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • 異臭がする(酸っぱいにおいなど)
  • ぬめりが出ている
  • ふにゃふにゃになっている
  • カビが生えている
  • 穂先が茶色くズルズルになっている

このような状態になっていたら食べない方が良いでしょう。
穂先のみがズルズルになっている場合は、穂先を切り落とすと、
茎の部分は食べれますが、くれぐれもおかしなところがないか
確認してください。

保存しすぎて、シワシワになっていた場合は、根元を少し切って、
切り口を水に浸けておくと、シャキシャキに戻ります。

鮮度の良いアスパラガスの選び方は?

  • 穂先がシャキっとしていて、穂がしっかりしまっている
  • 茎が丸く太さが均一のもの
  • 切り口がみずみずしく新鮮なもの
  • 緑色が鮮やかなもの
  • 穂先の首が細くないもの
  • 触ってみて、茎にハリのあるもの
  • 細いものより太いものを選ぶ(料理によります)

茎の形がいびつになっているものは、成長していて水分が抜けている
可能性があります。
穂先の首が細くなっていたり曲がっているものは、茎が筋っぽく
甘みも薄れていることがあります。
茎が太いものほど甘みが多く柔らかいです。
料理によっては、細いものを使用した方が良い料理もありますので、
料理法により使い分けると良いでしょう。

できれば、外国産のものより国産のものを購入しましょう。
外国産のものは、輸入の手続きなどで3日ほどかかっています。
ですので、国産のものには鮮度は、かないません。

まとめ

  • 生のままだと鮮度が落ちていく
  • 常温保存には向いていない
  • 濡れた新聞紙やキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて立てて野菜室で保存
  • 茹でたアスパラガスは、タッパーやジップロックに入れて冷蔵保存
  • 冷凍保存する場合は、固めに茹でて水気を切ってからフリーザーバッグに入れる

アスパラガスは鮮度が落ちやすい食材ですので、
早めに食べましょう。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA