オリーブオイルの保存方法と賞味期限は?

オリーブオイルは冷蔵保存よりも
常温保存が適しています。
10℃以下になると、白いものが浮遊(白濁)したり
固まってしまうためです。
10℃以上になると、再び透き通ったオイルに
戻りますので問題はありません。

スポンサーリンク


オリーブオイルの常温保存は?

常温での保存は、開封前開封後ともに、
直射日光の当たらない冷暗所で保存します。

光を浴びると劣化しますので、
黒い遮光ビンでないもの、透明のビンやペットボトル
でしたら、念のためアルミホイルを巻いておくほうが良いでしょう。
※窓の横には絶対に置かないでください。

また、高温にも弱く劣化してしまいますので、
夏場は、30℃以上にならない場所で保存し、
火を使う近くに置いたり、暖房の近くに置かないようにしましょう。

夏場であっても、冷蔵庫保存はしないように。
10℃以下になると固まってしまうので避けたほうが良いでしょう。

冬場は、10℃以下になることもしばしばあります。
すると常温保存であっても、白濁したり固まってしまうこともあります。
特にエクストラバージンオイルにこの現象は起きやすいです。

品質上は問題ありませんが、使いにくかったり、
気になるかと思います。

もし固まってしまった場合は、
ボールにぬるま湯をためて、
その中に容器ごとつけておくと、元に戻ります。

保存期間(賞味期限)の目安は?
  • 開封前の賞味期限は、1~2年程度
  • 開封後の賞味期限は、2~3か月程度

風味を気にしなければ、長く使用することができます。
期間内であっても、嫌な臭いがする場合は、
使用しないようにしましょう。

オリーブオイル

オリーブオイルの冷蔵保存は?

オリーブオイルは、冷蔵庫に入れるとトロトロになったり
固まったりして、場合によってはほじくり出さないと
取れないという状態になってしまいます。
品質には問題ないですが使いにくくなるので、
基本的には常温保存がおすすめです。

ですが、オリーブオイルに生のにんにくを
入れて保存する場合は、
常温保存より冷蔵保存のほうが
保存性は保たれます。
また、にんにくではなく、他の何か(アンチョビーなど)
漬けるのであれば、冷蔵保存がおすすめです。

その場合も、固まってしまう可能性がありますので、
口の広いビンなどに入れて保存すると良いでしょう。
使用する際は、スプーンなどですくって使用してください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

何か漬けこんだ場合は、漬けこんだものによりますが、
にんにくの場合は1か月程度を目安に使用してください。

賞味期限の切れたオリーブオイルは使用しても問題ない?

賞味期限は、未開封のもので12か月~18か月となっていますが、
保存状態が良ければ、3年でも5年でも使用することができるといわれています。

ただし、嫌な臭いがする場合は、使用を避けた方が良いでしょう。

まとめ

オリーブオイルは、基本的には常温保存が適しており、
冷暗所で保存します。

  • 紫外線
  • 高温
  • 空気に触れる

これらは酸化につながりますので、注意が必要です。
また、低温から常温を繰り返し行うと風味が飛んでしまうので
正しい保存方法で保存して、
風味豊かなオリーブオイルを楽しみましょう。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

1件のコメント

  • みみ

    山芋の正味期限が気になって検索したらここに来ました。義母が一年でも持つと言っていたんですが、パパが腐ってると言って食べなかったそうで。揚げ物も冷蔵庫に入れるとおいしくないからと食器棚で何日も保存するので、心配でしたが、やっぱりダメなんですね。他にもいろいろ勉強になりました。ありがとうございました。

コメントを残す



CAPTCHA