パセリの保存方法と賞味期限は?

パセリの保存温度は、0℃付近。
保存は常温よりも冷蔵保存の方が向いているでしょう。
長期保存する場合は、乾燥させるか冷凍保存が
好ましいです。

スポンサーリンク


そのままの状態のパセリの保存は?

そのままの状態のパセリは、新聞紙に包んで
ポリ袋に入れて、野菜室で保存しても良いですが、
長期保存させたい場合は、
コップに水を入れ、そこに茎からつけて、
全体をビニール袋で覆い冷蔵庫で保存します。
水の量は、生け花で花をさすくらいの量で構いません。

もしくは、海苔が入っているような容器に水を
入れて保存することもできます。
長細い空の容器ですと、水を少し入れたあと
パセリを頭から入れて、ふたをしっかりとしてから、
ひっくり返して冷蔵保存します。
こうすることにより、取り出しやすくなります。

私用の際は、使いたい分だけちぎって使用すると良いでしょう。

水は定期的に交換しよう
2~3日に一度、水を交換することにより
長く保存できます。
また、水にさす前に根元を少しだけ
切ってあげると、水揚げが良くなり長持ちします。
やはり2~3日程度に1度、根元を少し切ると良いでしょう。
保存期間(賞味期限)の目安は?

冷蔵保存の賞味期限は、1~2週間程度

パセリ

冷凍保存で長期保存

パセリを洗ってから、水気をしっかりと取ってから
フリーザーバッグにそのまま入れます。
凍ったら袋の上から粉々にします。
凍っているので、手で簡単に粉々にすることができます。
※使う際に粉々にしても構いません

粉々にしたパセリは、そのまま袋に入れて保存してもいいですが、
タッパーに移し替えれば使いやすいかと思います。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍保存の賞味期限は、1か月程度

乾燥パセリで長期保存

乾燥パセリ
乾燥パセリの作り方は、パセリを洗い
しっかりと水気を取ります。
電子レンジにキッチンペーパーを置いて
その上に、パセリを手で摘み取りながら
重ならないように並べていきます。
その状態で2分程度加熱します。
全体を混ぜたら再び2分程度加熱します。
その状態で湿り気があるようなら、1分程度加熱をし、
湿り気を飛ばします。
若干湿り気が残っていても、
冷めたらパリパリとしていますので、
そのままポリ袋などにいれて手で粉々にしてください。
タッパーや瓶などの密閉できる容器にいれて、
冷蔵庫で保存します。

常温保存も可能ですが・・・
乾燥パセリは、常温保存も可能ですが、
冷蔵庫で保存した方が、緑の色を保つことができます。
長期保存したいのであれば、乾燥パセリを
冷凍庫で保存すると良いでしょう。
保存期間(賞味期限)の目安は?
  • 乾燥パセリの常温保存は、2~3日程度
  • 乾燥パセリの冷蔵保存は、2週間程度
  • 乾燥パセリの冷凍保存は、数か月程度

色や風味の兼ね合い上、短めに書いていますが、
変色や風味などを気にしないのであれば、
もっと長持ちします。

スポンサーリンク


腐るとどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • 変色が広範囲にわたっている
  • 枯れている
  • カビが生えている
  • 異臭がする
  • ぬめりがある

このようになっていたら、食べない方が良いでしょう。
通常は、変色するか枯れてしまうのですが、
保存法により水を交換しなければ、
腐る可能性はあります。

新鮮なパセリの選び方

  • 葉や茎がシャキっとしていてみずみずしいもの
  • 葉の色が濃い緑色のもの
  • 葉の縮れが細かいもの

葉の縮れが少ないものは、固く苦味があることが
ありますので、必ず縮れが細かい物を選びましょう。

まとめ

  • パセリは水に入れ外気に触れないようにすると長持ちする
    (水は2~3日に1度交換する)
  • 冷凍保存する際はしっかりと水気を切る
  • 凍ったら袋の上から簡単に粉々に出来る
  • 乾燥パセリは、電子レンジでチンを繰り返し行うことで簡単に作れる
  • 乾燥パセリは、常温より冷蔵、冷蔵より冷凍の方が鮮度が保てる

パセリは彩を飾ったり、調味料としても使用できます。
一度に使い切ることは難しいので、
長期保存法を覚えておくと、重宝します。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA