小麦粉の保存方法と賞味期限は?

小麦粉は、常温保存、冷蔵保存、冷凍保存
どこが良いのでしょうか?
また、食べられなくなる状態とはどういったとき
なのでしょうか?一つ一つ見ていきましょう。

スポンサーリンク


小麦粉の常温保存は?

小麦粉の特徴として湿気が苦手なので、
シンクの下や床下など湿気のこもりやすい
場所での保存は避けましょう。

保存方法としては、
開封した小麦粉は、湿気防止のため
密閉できるタッパーなどに
袋のまま入れて直射日光の当たらない
涼しい場所(冷暗所)で保存してください。

タッパーは、100均で販売されているもので
対応できます。

小麦粉にはダニや虫が付きやすいと
言われていますが、
タッパーなどに入れておけば、問題ないかとは思いますが、
もし心配なようでしたら、
タッパーの中に少し小さめのタッパーを入れて、
その間に乾燥剤を入れておきます。
小さめのタッパーの中に小麦粉を袋のまま
入れて、しっかりとふたをして保存する、
また、小麦粉をジップ付き袋に入れて、
空気を抜いて封をし、さらにタッパーに入れる。

もしくは、冷蔵保存すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?
  • 薄力粉、中力粉の場合は約1年間
  • 強力粉の場合は、約6か月
  • 開封したものは、1~2か月を目安に使い切る

小麦粉をいつ開けたのか?わからなくなることも
しばしばあります。
ですので、開封したらマジックなどで開封日を記入したり
ラベルを貼るとわかりやすくなります。

小麦粉

小麦粉の冷蔵保存は?

小麦粉は、においを吸着する性質を持っているため、
袋のまま入れてしまうとにおい移りするかもしれません。

また、冷蔵保存後に常温に置いておくと
結露が発生することがありますので、
気を付けなければいけません。

常温保存される場合でも、
梅雨時期など湿気が多い時期や
夏場の暑い時期には高温多湿対策として
冷蔵保存するというのも一つの手でしょう。

保存方法は、ビニール袋に小麦粉を袋のまま入れるか、
タッパーなど密閉できる容器に入れて、
しっかりと封をして冷蔵保存します。
こうすることで、においの吸着を防ぐことができます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

常温保存と一緒

スポンサーリンク


小麦粉の冷凍保存は?

小麦粉を冷凍保存すると、
冷蔵庫保存以上に、外気との温度差により
湿気が付きやすくなりますので、
冷凍保存はしない方が良いでしょう。

もし保存するのであれば、
においの吸着、湿気防止のため
タッパーなど密閉できる容器に入れて保存します。

腐るとどうなる?どうなったら食べない方が良いの?

  • カビが生えている
  • 酸っぱいにおいなど変なにおいがする
  • 小麦粉の味は酸っぱくなっている
  • 賞味期限を大幅に過ぎたもの
  • 直射日光に当てていたり、高温多湿の中に
    おいていたような、保存状態が悪いもの

小麦粉は湿気を吸着するとカビたり腐る可能性があります。
保存状態が良ければ、賞味期限を数年過ぎたとしても
食べることができるのですが、基本的には期限を守って
開封したら早めに使用するようにしましょう。

ですので、大きな袋に入った小麦粉を購入するよりも
サイズの小さい小麦粉を購入し使い切っていく方が
品質的には安心です。

まとめ

  • 小麦粉は、高温多湿に弱い
  • 密閉しないと虫が付く場合がある
  • においを吸着しやすい

ということがあげられますので、
保存する際は、しっかりと密閉し
高温にならない湿気の少ない場所で
保存するようにし、開封したら
できるだけ早めに使い切ることを
心がけましょう。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA