枝豆の保存方法と賞味期限は?

枝豆は、収穫したらどんどん栄養が
奪われていきますので、早めに茹でましょう。
あまり日持ちはしませんので、長期保存したい場合は、
冷凍保存が良いでしょう。

スポンサーリンク


生の枝豆の保存は?

茹でていない生の枝豆は枝つき枝なしに関わりなく
手に入れたらすぐに茹でてください。
生の状態で置いておくと、枝豆自身の糖分の分解により
栄養や風味がどんどん落ちていきます。

もし生の状態で保存するのであれば、
枝付きのものは、濡れた新聞紙に包んで
冷暗所か冷蔵庫の野菜室で保存します。
野菜室に入らないようであれば、枝から実をはずして、
濡れた新聞紙に包んでビニール袋に入れて
冷蔵庫の野菜室で立てて保存します。
枝付きのものは、土に埋めるという方法もあります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

生の枝豆の賞味期限は3日程度
ただし、日に日に劣化していくため、
すぐに茹でた方が良い

枝豆

茹でた枝豆の保存は?

茹でた枝豆は、ざるにあげてうちわや扇風機などで冷まします。
水に浸けたり流水で冷ますと、塩気が抜けて
水っぽくなることがありますので、
できれば、うちわや扇風機などで冷ました方が良いでしょう。

冷ましたら、ジップ付き袋など密閉できるものに入れて、
冷蔵庫で保存します。

枝豆の美味しい茹で方の動画がありましたので、
参考にしてください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

茹でた枝豆の賞味期限は、2~3日程度

冷凍保存で長期保存

冷凍する際は、枝豆を固めに茹でます。
茹でたらざるに移して、氷を入れて流水で冷まします。
冷めたら水気をしっかりと切ります。できたら、キッチンペーパーなどで
水気を拭いてください。
その後、フリーザーバッグやタッパーに入れて、冷凍保存します。
フリーザーバッグの上からアルミホイルを巻いて冷凍すると、
熱伝導がよくなるため、短時間で冷凍することができます。

また、皮を剥いた状態でも冷凍できます。
その際も水気をしっかりと切ってからフリーザーバッグやタッパーなど
密閉できる容器にいれて冷凍します。
使用するときは、ほぐしてあげるとバラバラになりますので、
必要量取り出すことができます。

冷凍枝豆を解凍するときは、再び茹でてください。
この時茹ですぎには注意してください。

また、自然解凍するか、流水を流して解凍することもできます。

時間がないときは、電子レンジで3分程度加熱すると良いでしょう。
ただし、ムラができる場合があります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍枝豆の賞味期限は、1か月程度

スポンサーリンク


腐るとどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • 異臭がする
  • ぬめりがある
  • 糸を引く
  • カビが生えている

このような場合は、食べない方が良いでしょう。
枝豆のさやは緑なのに、剥いたら豆が黒いというものがあります。
これは、そういった品種の場合が多いですが、
中にはただ傷んで黒くなっているものもあります。

新鮮な枝豆の選び方は?

  • 枝付きのもの
  • 豆が均等に並んでいて、ふっくらとしているもの
  • 緑色が鮮やかなもの
  • さやが産毛にしっかりと覆われており、産毛がピンと張っているもの
  • 枝豆と茎とのつなぎ目が茶褐色になっていないもの
  • 葉が付いている場合、その葉が緑で新鮮なもの

枝から切り離すと、鮮度が落ちていくので
枝付きのものを選んだ方が良いでしょう。
さやと茎のつなぎ目部分が茶褐色になっているものは、
古い証拠ですので、ここも見分けるポイントとなります。

まとめ

  • 生のままではどんどん栄養や風味が落ちていく
  • 生のままより茹でた方が鮮度が保てる
  • 生の枝豆は、濡れた新聞紙に包んで冷暗所か野菜室で保存
  • 茹でた枝豆は、密閉できる容器に入れて冷蔵庫で保存
  • 冷凍する際は固めに茹でて、しっかりと水気を切って冷凍する
  • 冷凍の場合は、皮を取って保存も可能
  • 解凍するときは、自然解凍か流水で解凍する。
    電子レンジでも解凍できるが、ムラが出る場合がある

枝豆は、手に入れたらその日のうちに食べるのが
一番美味しいです。
その日に食べることが難しいようなら、冷蔵より冷凍した方が
鮮度が保てるかと思います。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA