砂糖の保存方法と賞味期限は?

砂糖は乾燥に弱く、湿気ってから乾燥してしまうと
固まってしまいます。
ですので、保存は湿度対策が重要になってきます。
こちらでは、開封前開封後の砂糖の保存や、
常温保存冷蔵保存など砂糖についての保存について
紹介しております。

スポンサーリンク


砂糖の常温保存は?

未開封の場合

基本的に砂糖は、常温保存となります。
まず、封が開いていない砂糖については、
冷暗所にてタッパーや缶に入れて
そのまま保存してください。

開封した場合

封を開けた砂糖については、
密閉できる容器に入れて、
冷暗所で保存するのが適しています。
砂糖は乾燥に弱く、乾燥してしまうと
固まってしまいます。
厳密にいうと、湿気が入ってさらに乾燥した場合に
固まります。

ですので、湿度の変化を抑えるため
密閉できる容器に入れるのです。
また、冷暗所で保存というのは、
やはり湿度の変化が少ないからです。

袋に残った砂糖の保存は?

容器に移し替えたけど、入りきらなく
袋に残ってしまうことってありますよね?
その場合は、砂糖の袋にチャックが付いている
付いていないに関わらず、ジップ付きの袋に入れて
しっかりと空気を抜いて冷暗所で保存します。
チャックの付いている砂糖は、チャックをして
チャックの付いていない砂糖は、輪ゴムなどで
空気が入らないように縛っておくと良いでしょう。

砂糖

砂糖の保存期間(賞味期限)は?

砂糖は、品質の変化がなく、賞味期限はありません。
JAS法でも賞味期限を表示しなくてよい食品となっています。

ですが、長く保存していると黄色く変色したり、
黒砂糖ですと、色が濃くなったり風味が変化することが
あるため、できるだけ早めに使用するほうがよいでしょう。
そのあたりを気にされない場合は、使用に問題はないので、
いつまででも使うことができます。

砂糖の冷蔵保存は?

冷蔵庫内は、乾燥していますので
普通の容器に入れて保存すると固まってしまいます。
ですので、冷蔵庫で保存する場合は、
密閉できる容器に入れて保存すると良いでしょう。
密閉することで湿度の変化を抑えることができます。

ただし、冷蔵庫から出した砂糖を
常温でそのままにしておくと、すぐに結露が付き
湿気の原因になりますので注意が必要です。

冷蔵と常温では賞味期限や品質上、特に違いが
でるということはないかと思います。

砂糖にもダニが湧く?その対策法は?

砂糖にも小麦粉などの粉もの同様
ダニが湧くことが稀にですがあります。
これを防ぐためには、
冷蔵庫で保存すると、庫内は乾燥していますので、
ダニの繁殖は抑えられます。

密閉できるタッパー『大』と『中』を用意し、
『中』の中に砂糖を入れて、
『大』の中に『中』のタッパーと乾燥剤を入れて
常温保存します。
タッパー
ダニは乾燥に弱く、乾燥しているところにいると
死滅しますので、ダニが砂糖にたどり着く前に
死んでしまうため繁殖しません。

ちなみにダニは、粉ものを好みますので、
砂糖にはあまり湧きませんので、
そこまで気にされる必要はないかと思いますが、
気になる方はこの方法をとられてみたらいかがでしょうか?

スポンサーリンク


カチカチに固まった砂糖をサラサラに戻すには?

カチカチに固まってしまった砂糖は、
乾燥して固まっているわけですから、
多少水分を補ってあげればサラサラに戻ります。

その方法として、
砂糖全体に霧吹きで湿気を与えて密閉しておくと
固まっていた砂糖がほぐれてサラサラに戻ります。
あまりかけすぎると、砂糖がベタベタになりますので、
様子を見ながら少量ずつ吹きかけていくと良いでしょう。

次に、ちぎった食パンを入れるという方法です。
ちぎった食パンを入れてふたをして5~6時間程度で
サラサラになるかと思います。

ちぎった食パンを入れることで食パンの水分が
砂糖に吸い取られて、サラサラになります。

量としては、砂糖1kgに対して、食パン1枚程度です。
パンが乾燥している場合は、
霧吹きを吹きかけてパンを湿らせておくと良いでしょう。
なお、食パンではなく、ロールパンでも同じような効果が得られます。

また、パンではなくキャベツの葉を入れても良いでしょう。
その場合、砂糖1カップ分にキャベツおよそ1/3枚程度の量を入れます。

パンを入れた場合は、パンがかびるといけませんので、
砂糖がサラサラになったら取り除きましょう。

他の方法としては、
電子レンジで様子を見ながら
1分程度加熱するという方法があります。
これは、砂糖同士をくっつけている水分を
飛ばすことによってサラサラにします。

また、プレーンヨーグルトなどについている
顆粒砂糖を入れることによっても
サラサラにすることができます。

まとめ

  • 砂糖は、塩とは反対で乾燥に弱い
  • 砂糖には賞味期限がない
  • 基本的には常温保存で構わないが、冷蔵保存もできる
  • 保存は、密閉できる容器に入れることで湿度の影響を受けにくくなる
  • ごく稀にダニが湧くことがある
  • 固まった砂糖は、霧吹きで湿らせたりちぎったパンを入れるとサラサラに戻る

砂糖を固まらせずに、長く使用したい場合は、
密封して空気を入れないことが基本です。
砂糖を入れる容器で密封性の高いもので、
おしゃれなものはたくさんありますので、
探してみるのも面白いかもしれませんね。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA