納豆のたれの保存方法と使い方は?

納豆のタレは、納豆の使い方によって
使わないときがありますよね?
そのような納豆のタレは、自然と冷蔵庫に溜まって
気が付けば『これ何に使ったらいいんだ?』というくらい
溜まってしまったり・・・。
そんな納豆のタレの保存方法と賞味期限、
使い方について紹介いたします。

スポンサーリンク


納豆のタレの保存方法は?

納豆のタレは、通常冷蔵保存で良いかと思います。
そのまま置いておくとばらけてしまいますので、
タッパーなどの容器に入れたり、袋に入れて保存すると
良いでしょう。
保存を長くしたいのであれば、冷蔵庫のドアポケットよりも
冷蔵庫の下側やチルド室での保存が良いかと思います。

さらに、安全に保存を長くしたい場合は、
冷凍庫で保存すると良いかと思います。
上記のように容器に入れて保存すると良いでしょう。
納豆のタレは、塩分が高いため冷凍庫に入れても凍りません。
ですので、そのままお使いいただけます。

納豆のタレ

保存期間(賞味期限)の目安は?

一般的には、納豆のパックに記載されている
賞味期限を守るようにしますが、自己責任上として
見てみると、このようなダシ・タレの瓶詰のものは、
賞味期限が半年~1年くらいのものが多いです。
納豆のタレは個包装されていますので、
瓶詰のものと比べると、長持ちはしませんが
それでも長期保存できるものと思ってよいでしょう。
では、実際にどれくらいもつのかというと、
一概には言えませんが、1~2か月はもつんじゃないでしょうか?
大事を取って1か月以内が賞味期限の目安かと思います。
冷凍保存ですと、仮に納豆のタレ内に菌がいたとしても、
増殖できませんので、冷蔵保存よりも長持ちするはずです。

納豆のタレの使い道は?

余った納豆のタレ、捨てるなんてもったいない。
納豆のタレは、調味料として使えます。

  • 卵に混ぜてオムレツやスクランブルエッグ、だし巻などにする
    (卵2個にタレ1袋を目安に使用)
  • 納豆のタレでうどんのダシやおでんのダシを作る
    (うどんはタレ2袋、おでんはタレ4~5袋を目安に使用)
  • 冷奴にかける
  • とろろのダシにする
  • チャーハンの調味料にする
  • 野菜炒めの調味料にする

などなど、活用法は様々。いろいろと試してみましょう。

■あわせて読みたい記事
納豆の保存方法と賞味期限は?

スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA