納豆の保存方法と賞味期限は?

納豆は、賞味期限が意外に短く
1週間ちょっとしかありません。
賞味期限なんで、過ぎても問題ないのですが、
保存方法が良くなければ、品質が損なわれてしまいます。
こちらでしっかりと保存方法を学んでいきましょう。

スポンサーリンク


納豆の常温保存は?

常温保存できるのですが、しても10℃以下になる
季節だけにしておいた方がよいでしょう。
というのも、納豆菌は生きており、暖かい場所に出ると
活動を始めます。つまり発酵が再開されて、
納豆のにおいが強くなり、
次第にアンモニア臭が発生してしまいます。
こうなると、美味しくないので、
アンモニア臭が強くなる前に食べた方が良いでしょう。
ただし、この状態のものを食べても特に問題はなく、
においが強くなったものを好んで食べる人もいるようです。
もし常温保存される場合、風味の観点から
10℃以下の冷暗所で保存してください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

常温保存した納豆の賞味期限は、数日間程度
基本的に記載されている賞味期限より
保存日数は少なくなります。

納豆

納豆の冷蔵保存は?

通常は、パックに入っていると思いますので、
そのまま冷蔵庫に入れて保存します。

保存期間(賞味期限)の目安は?

基本的には、記載されている賞味期限内
ただし、賞味期限より1~2週間過ぎても
全く問題ないという意見は多いです。
人によっては、1か月過ぎても問題ないという人もいて、
そのようなものを好む人もいます。
ただし賞味期限が過ぎたものは、
自己責任でお願いします。

納豆の冷凍保存は?

納豆は冷凍保存することができます。
買ってきたパックのまま保存することもできますが、
冷凍焼けなどによる乾燥やにおい移りなどを防ぐため、
パックから出して、タッパーに入れたり
パックのままラップに包み、フリーザーバッグに入れて
冷凍した方が良いでしょう。
ポイントは、密封してしまうということです。

解凍は、食べる前日に冷蔵庫に移して解凍するか、
常温での自然解凍が良いでしょう。

冷凍しても納豆菌は生きている
冷凍しても納豆菌は死ぬことは
ありません。冷凍すると納豆菌は
殻に閉じこもり休眠状態に入ります。
解凍し、20℃くらいの温度になると
再び発酵が始まります。
保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍納豆の賞味期限は、1か月程度
1か月以上過ぎても問題はありませんが、
味は徐々に落ちていきます。

スポンサーリンク


納豆は腐るとどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • 糸をひかない
  • 納豆とは異なる匂いがする(腐敗臭)
  • 水っぽくなっている
  • カビが生えている

このような状態になっていると発酵ではなく
腐っていると判断した方が良いでしょう。
また、以下のような場合は食べても美味しくない可能性があります。

  • アンモニア臭が強い
  • カビのような白い斑点が出てきている
  • 変色している

このあたりは、好みにもよりますが、
普通の納豆が好きな方は、食べても美味しくないでしょう。
白いカビのような斑点の正体は、一概には言えませんが、
おそらくチロシンというアミノ酸が結晶化したものでしょう。
食べると、シャリシャリと砂を噛んでいるような感じになるので、
基本的に食感は悪くなります。

納豆の腐敗について
納豆には納豆菌が支配していますので、
他の雑菌を寄せ付けない(捕食する)ため、
腐りにくいといわれています。
ですが、保存状態が悪いと雑菌の方が増えて強くなり
腐っていきます。

まとめ

  • 納豆は基本的に常温保存は向いていない
  • 20℃くらいになると発酵が進む
  • 賞味期限内に食べるのが良いが、過ぎても問題ないことが多い
  • 冷凍保存する際は、密封すると良い
  • 納豆は腐ることもあるし、カビることもある

このようにまとめることができます。
納豆は賞味期限を過ぎても、問題なく食べれることが
多いですが、自己責任で召し上がってください。
納豆と言っても、粒状のもの、ひきわりのもの、
中には梅味のものや粉末納豆というものもあります。
まだまだたくさんの種類があるので、調べてみると面白いですよ。

■あわせて読みたい記事
納豆のタレの保存方法と使い方は?

スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA