酢の保存方法と賞味期限は?

酢は殺菌力が強いので、
基本的には腐りません。
ですが、酸化することはありますので、
こちらで保存方法を確認していきましょう。

スポンサーリンク


酢の常温保存は?

酢は殺菌効果に優れているため、
基本的に腐りません。
ですので、常温保存で構いません。

保存方法ですが、
日の当たらない冷暗所、流しの下などで保存されると良いでしょう。
開封後は、横にせず立てて保存してください。

また、腐らないといっても酸化することはあります。
夏の暑い時期などは、常温ではなく
冷蔵保存されたほうが、鮮度が落ちにくいかと思います。

酢といっても、様々な種類があります。
たとえば、ポン酢などの出汁などの入っている
混じりけのある酢は、
開封後は常温だと腐るおそれがありますので、
必ず冷蔵保存するようにしてください。

また、果実酢やもろみ酢なども開封後は常温保存ではなく
冷蔵保存したほうが、品質は保たれます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

酢の常温保存の賞味期限は、
開封前も開封後もおよそ2年程度

酢の冷蔵保存は?

酢は常温保存で大丈夫な調味料なので、
冷蔵庫内でしたら、どこに置いても構いません。

夏場でしたら、酢の酸化を防ぐために
冷蔵保存が良いでしょう。
また、開封後冷蔵保存が良い酢もあります。
ポン酢や果実酢、寿司酢、酢を使ったドリンク
などがそれに当たります。

酢だけなら良いのですが、
出汁や昆布、水などの成分が混じってしまうと
傷みやすくなりますし、希釈度によっては
カビが生えることもあります。
ですので、このような酢は開封後は冷蔵保存してください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

開封後の目安となります。

  • 穀物酢の賞味期限は、およそ2年程度
  • ポン酢の賞味期限は、およそ1か月程度
  • 果実酢の賞味期限は、およそ1年程度
  • もろみ酢の賞味期限は、およそ1か月程度

賞味期限は目安ですので、それを超えたからと言って
使用できなくなるというわけではありません。
ただし、酸化したり長期保存しておくと、
酢の種類によっては味が濃くなったり
風味が抜けたりすることもありますので、
基本的には賞味期限内の使用をお勧めします。

また、出汁や砂糖など違う成分が入ってる場合は、
傷みやすくなっていますので、早めに使用されることを
お勧めします。

スポンサーリンク


どうなったら使用しないほうがいいの?

酢を長期保存んしていると白い膜のようなものが
浮かぶことがあります。
これは酸化した状態で、使用しても特に問題はないのですが、
味はかなり落ちていると思います。

この場合は、食用にはせず
掃除用として使用されるといいかもしれません。
殺菌効果はありますので、カビや水垢などを落とすのに
便利です。
また、食器のアクをとったり臭いとりとしても使用できます。

酢はふたを開けっ放しにしておくと、
酸味が飛んでしまいます。
酸味の主成分である酢酸は、揮発性であることと、
菌が侵入し酢酸を食べて分解するため、酸味が
落ちるそうです。
最後には水と酢のカスだけになるようです。

食べないほうが良い状態というのは、

  • 白い膜のようなものが浮いているとき
  • 酸味が飛んでいるとき

ということになります。

まとめ

  • 酢は腐らない
    ただし、出汁や水など入っており、希釈度が高い場合はカビたり腐る可能性がある
  • 酢は常温保存で冷暗所で保存する
  • 夏の暑い時期は冷蔵保存したほうが、鮮度が保たれる
  • 酢の種類によっては、保存方法が異なるので容器の説明をよく読む
  • 長期保存していると白い膜のようなものが浮くことがある
  • ふたを開けて保存すると酸味が飛んでいく

最後に注意点として、
自家製で作られた酢や砂糖やしょうゆなどを
ご自身で混ぜた三杯酢などを、保存される場合は
冷蔵保存し、できるだけ早めに使用するようにしましょう。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA