いちごの保存方法と賞味期限は?

いちごは重なったり圧がかかると
その部分から傷んで保存が効かなくなります。
早めに食べるか、重ならないように
工夫する必要があります。
長期保存したいのであれば、
冷凍保存することもできます。

スポンサーリンク


そのままの状態のいちごの保存は?

洗わないで保存するのが基本です。
洗うと、劣化やカビの原因になりますので、
食べる直前に洗うようにしましょう。

パックに入った状態ですと、
重なっていますので、早く傷んでしまいます。
ですので、パックから取り出して、圧迫されないように、
1つ1つラップやキッチンペーパーに包んでヘタを下にして
野菜室で保存します。

もう少し簡単な方法としては、いちごが3つ入るくらいの器を
キッチンペーパーで作り、タッパーやジップ付き袋に入れます。
いちごのヘタを下にして並べていき、上からキッチンペーパーを
被せて、野菜室で保存します。

卵のパックで一工夫
一つ一つ包んだいちごは、
たまごのパックにヘタを下にして入れると
保存しやすくなります。
圧迫されないようであれば、
卵のパックのフタをすると良いでしょう。
保存期間(賞味期限)の目安は?

いちごの賞味期限は、1週間程度

いちご

冷凍保存で長期保存

洗ってからヘタをとり、キッチンペーパーなどで水気を拭いてから、
フリーザーバッグに並べて空気を抜いて冷凍保存します。
フリーザーバッグに重なる感じで入れた場合は、
いちご同士がくっつきますので、1時間後に冷凍庫から
取り出して、軽くほぐします。それを2回程度行うと
くっつくことがなくなります。
また、いちごを冷凍する前に軽くグラニュー糖などを
まぶしておくと、くっつかなくなります。

使用の際は、解凍してしまうとグニャッとなってしまいますので、
冷凍したままか、半解凍にして食べると良いでしょう。
ジャムやピューレを作るのであれば、解凍しても良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍いちごの賞味期限は、1か月程度

冷凍いちごの食べ方は?

冷凍いちごは、そのまま食べるとシャーベットのようになり
美味しくいただけます。
練乳をかけるとさらに美味しくいただけるでしょう。
その他にもいくつかレシピがありますので、ご紹介いたします。

いちごシェイク

冷凍いちごに牛乳と砂糖を入れて、ミキサーで撹拌したら
完成です。各量は好みで調節してください。
牛乳を少量にしてバニラアイスを入れると、さらにシェイクっぽくなります。

冷凍いちごヨーグルト

冷凍いちごにヨーグルトをかけるだけ!好みによりハチミツをかけると良いでしょう。
また、ミキサーで撹拌しても美味しくいただけます。

冷凍いちごかき氷

冷凍いちごと氷をかき氷機に入れて、ゴリゴリとかき氷状にしちゃいます。
コンデンスミルクをかけて食べてください。

冷凍いちごジュース

冷凍いちごにお好みの果物、牛乳や豆乳、水を加えて
ミキサーで撹拌したら出来上がり。

スポンサーリンク


干しいちごで甘みがアップする?

いちごを干すと水分が抜けて、甘みが凝縮されます。
また、水分が抜けているので、長期保存も可能になります。

作り方は、いちごを洗って、ヘタを取り、水気をふき取ります。
7~8mm程度の厚さにスライスして、
ザルやカゴにキッチンペーパーを敷いて
いちごが重ならないように並べて、4~5日程度天日干しします。
カラカラに乾いたら出来上がり。お好みで、少し乾かす、半乾きなど調節してください。
ただし、長期保存ができるのは、カラカラに乾いたいちごだけです。

干したいちごは、タッパーや瓶など密閉できる容器に
乾燥剤と一緒に入れて、常温保存するか、
ジップ付き袋に入れて、冷蔵保存します。

食べ方は、そのまま食べてもいいですし、パンやクッキーに入れたり、
お菓子のトッピングに使用すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

干しいちごの賞味期限は、1年程度

腐るとどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • 異臭がする
  • ぶよぶよしている
  • カビが生えている
  • 黒っぽくなっている
  • ドロッとしている

いちごが黒くなっていたりブヨブヨしている部分が少なければ、
その部分だけ切り取ると、食べることができます。

傷んだいちごが復活する!?
いちごが黒っぽっくなっていたり
シワシワになっている場合は、50℃のお湯に2分程つけてみましょう。
黒ずみやシワシワが取れて、キレイになりますよ!

新鮮ないちごの選び方は?

  • 全体的に赤くムラがなく光沢があるもの
  • つぶつぶが立っているもの
  • ヘタの周りが白くなっていないもの
  • ヘタが緑色で上に反り返っているもの
  • パックものは裏を見て傷んでいないか確認する
  • 実が大きいもの

いちごは品種にもよりますが、ほとんどのものは追熟しないため、
収穫した状態のままです。ですので、全体的に赤くなっているものを選びましょう。
ヘタが反り返っているものは、新鮮な証拠!こういったものを選びましょう。
いちごは実が大きいものほど美味しいとされています。

まとめ

  • 水気を嫌うため、食べる直前に洗う
  • 洗ってからヘタを取るようにする
  • いちご同士が重なったり、圧がかかると傷みやすい
  • 冷凍保存することもできる
  • 冷凍するとシャーベットとして食べられる
  • いちごを天日干しにすると長期保存できるうえ、甘みが増す

いちごは、保存できて1週間程度です。
たくさんある場合は、冷凍するか天日干ししましょう。
また、イチゴジャムにしたりシロップ漬けにすることでも、
長く保存ができますので、試してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA