そら豆の保存方法と賞味期限は?

そら豆はサヤから出すと、劣化が進みますので、
保存する際は、サヤのまま保存します。
サヤから出したら早めに加熱して冷蔵保存しましょう。
長期保存したいのであれば、冷凍保存することもできます。

スポンサーリンク


そのままの状態のそら豆の保存は?

収穫後、購入後の日を通していないそら豆は、
時間が経つと黒ずんできますので、
早めに加熱しなければいけません。
そのままの状態で保存するのであれば、
ビニール袋やジップ付き袋に入れて、
冷蔵庫の野菜室で保存します。
保存する際は、サヤから出してしまうと急激に
劣化しますので、サヤから出さずにそのまま保存しましょう。
また、切り込みを入れたものも劣化しますので、
切り込みを入れるのは、加熱する直前が良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

生のそら豆の賞味期限は、1~3日程度
(黒ずむ前に加熱する)

そら豆

茹でたそら豆の保存は?

茹でたそら豆は、ジップ付き袋やタッパーに入れて、
冷蔵庫で保存します。
焼いたそら豆も同様の保存方法になります。
長期保存するのであれば、冷凍保存が良いでしょう。
なお、そら豆の茹で方については、
こちらを参考にしてください。

保存方法(賞味期限)の目安は?

加熱したそら豆の賞味期限は、1~2日程度

冷凍保存で長期保存

そら豆を固めに茹でて、ザルにとって
水煮は付けず冷まします。
水気をしっかりと切りフリーザーバッグやタッパーなどに
入れて冷凍保存します。

使用する際は、自然解凍するか電子レンジで加熱したり
再度茹でると良いでしょう。

生の状態でも冷凍できます。
そら豆をサヤから出して、黒い部分に切り込みを
入れます。
それをフリーザーバッグに入れて空気を抜いて冷凍保存します。

使用する際は、電子レンジで加熱するか、
茹でて使用してください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍そら豆の賞味期限は、1か月程度

スポンサーリンク


乾燥そら豆で長期保存

そら豆を自分で栽培されている方限定になってしまいますが、
完熟したものを収穫し、
そら豆をサヤのまま新聞紙やザルなどに並べて
天日干しします。
サヤがカラカラになるまで干したら出来上がり。

保存方法は、サヤからそら豆を取り出して
瓶などの密閉容器に乾燥剤と一緒に入れて
常温保存するか、フリーザーバッグに入れて
冷凍保存します。

使用の際は、水で戻してからスープや煮物などに
すると良いでしょう。

サヤから出すと・・・
サヤからそら豆を出すと
鮮度がみるみる落ちていきますので、
必ずサヤのまま乾燥させてください。
保存期間(賞味期限)の目安は?

乾燥そら豆の賞味期限は、数か月程度

どうなったら食べない方がいいの?

  • 異臭がする
  • カビが生えている
  • ぬめりが出ている

そら豆は腐ると明らかに腐ってるとわかるかと思います。
そのようなものは食べないようにしてください。
そら豆は、時間が経つと黒く変色しますが、茹でて食べることができます。
ですが、確実に鮮度が落ちていますので、そうなる前に使用するようにしましょう。

新鮮なそら豆の選び方は?

  • さやの緑色が濃く、産毛がありハリと艶があるもの
  • サヤの背の筋が緑色のもの
  • 外から見て豆が均一に膨らみ、豆の大きさがそろっているもの
  • サヤ付きのもの
  • サヤ付きのものを触ってみて、指先で豆が確認できないもの
  • サヤに弾力があるもの

劣化すると産毛がへたってくるので、そういったものは避けてください。
サヤの背の筋が茶色いものは、劣化している証拠です。
触って指先で豆が確認できるものは、サヤの水分がなくなっており、
鮮度が落ちていますので、こういったものも避けるようにしましょう。

まとめ

  • 生のそら豆は、サヤから出さずにビニール袋などに入れ野菜室で保存
  • 茹でたそら豆は、ジップ付き袋やタッパーに入れて冷蔵保存
  • 冷凍は茹でた状態でも生でも保存できる。保存のポイントがあるので注意
  • 乾燥そら豆は、完熟した豆でないとできない

そら豆の旬は4月~6月ですが、乾燥させることにより
長期保存することができますので、年中食べることができます。
自分で栽培している人以外は作ることができませんが、
すでに乾燥させたそら豆が販売されています。
季節関係なくそら豆を楽しみたい人は、
そういったものも探してみるといいかもしれませんね。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA