とうもろこしの保存方法と賞味期限は?

とうもろこしは、お湯を沸かしてから
採りに行けと言われるくらい鮮度に
気を遣わないといけない食材です。
生のまま保存せずに、すぐに加熱した方が
良いでしょう。

スポンサーリンク


生の状態のとうもろこしの保存は?

とうもろこしは、収穫しそのままにしておくと
みるみる糖分が失われていくため、すぐに湯がきましょう。
茹であがったら熱いうちにラップをして、冷めたら冷蔵庫で保存します。

また、甘みは若干落ちるかもしれませんが、
茹でずに保存する方法もあります。
収穫したときの状態のとうもろこしを新聞紙で包み
冷蔵庫のドアの部分に立てて保存します。

保存期間(賞味期限)の目安は?
  • 生のとうもろこしの賞味期限は、3~4日程度(出来るだけ早めに食べる)
  • 湯がいたとうもろこしの賞味期限は、2~3日程度

とうもろこし

冷凍保存で長期保存

トウモロコシを少し固めに茹でたら
熱いうちに1本1本ラップをして冷めたら
ラップを取って、水気を拭いてから再度ラップで包み、
フリーザーバッグに入れて、しっかりと空気を抜いてから
冷凍庫で保存します。
大きいようでしたら、切ってから冷凍しても構いません。

芯ごとではなく、粒をばらしてからフリーザーバッグに入れて
できるだけ平らになるようにして冷凍保存すると、
様々な調理に使用できるようになります。
こちらは、簡単な粒の取り方になります。

また、ばらした粒をミキサーにかけたものを、フリーザーバッグに
入れて冷凍しておけば、スープなどに使用するときに便利です。

調理の際は?
調理の際は、解凍せずに使用してください。
また、そのまま食べる場合は、電子レンジでチンするか、
茹でてから食べると良いでしょう。
生のまま冷凍保存もできる?

生のままのとうもろこしをラップに包み、
冷凍保存するという方法もあります。
この際、皮は剥かずに保存してください。
使用する際は、電子レンジで加熱するか、
茹でて召し上がってください。

生のままのとうもろこしの粒を手でほぐして
フリーザーバッグやタッパーなど密閉容器に
入れて冷凍保存します。
使用する際は、解凍せずに調理しましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍とうもろこしの賞味期限は、1か月程度

スポンサーリンク


腐るとどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • 異臭がする
  • 酸っぱいにおいがする
  • カビが生えている
  • ぬめりがある
  • ねばねばしている
  • 変色している

茹でたとうもろこしが変色している場合は、食べない方が良いでしょう。
変色している場合は、ねばねばしていたり、ぬめりがあったりすることが多いので、
腐ってる・・・と気づくかと思います。

新鮮なとうもろこしの選び方は?

  • 皮つきのもの
  • 実が先の方まで詰まっていてツヤツヤしているもの
  • ヒゲが茶色のもの
  • 皮が濃い緑のもの
  • 中が見えないものは、ひげが多い物を選ぶ
  • 茎の切り口が乳白色でみずみずしいもの

ひげが茶色や黒っぽいものほど、よく熟していて甘みがあります。
ヒゲの本数が多いものほど、実が詰まっています。
切り口や皮が黄色く変色しているものは、日が立っている証拠なので、
こういったものは避けるようにしましょう。

まとめ

  • 生とうもろこしは、みるみる甘みがなくなるので、すぐに茹でる
  • 生の状態で保存するなら、新聞紙に包み冷蔵庫のドアポケットに立てて保存する
  • 茹でて保存する際は、熱いうちにラップに包んで、冷めてから冷蔵庫で保存する
  • 保存は、1本のままでもいいが、切ったり、粒をばらして保存しても良い
  • 冷凍は、少し固めに茹でる、水気をしっかり取ることがポイント
  • 生の状態で保存する場合は、皮つきのまま冷凍するか
    粒をばらして冷凍する

様々な保存法がありますが、とうもろこしは鮮度が大切なので、
出来れば、購入した日、もらった日に食べるのが一番美味しい食べ方
だと思います。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA