ナスの保存方法と賞味期限は?

ナスの保存温度は、10~12℃。
寒いところが苦手で冷やしすぎると低温障害を
起こしてしまいますので、冷やしすぎには注意しましょう。
夏野菜は常温保存といいますが、保存を長くしたいのであれば
冷蔵庫の野菜室での保存が好ましいです。

スポンサーリンク


そのままの状態の保存は?

常温保存の場合は、1本1本新聞紙に包んで、
風通しの良い冷暗所にて保存します。
夏場の暑い時期は、常温保存よりも野菜室での保存が
適しています。
その場合、1本1本新聞紙に包んで
ポリ袋に入れてしっかりと口を閉じて保存します。

保存期間(賞味期限)の目安は?
  • 常温保存の賞味期限は、3日程度
  • 野菜室での保存は、1週間程度

ナス

切ったナスの保存は?

切ったナスはすぐに酸化し黒くなってしまいます
変色すると味が落ちてしまいますので、
早めに使った方が良いです。
切ってすぐに使わないようでしたら、
薄い塩水や薄い酢水に浸けておくことで変色防止ができます。
保存する場合は、冷蔵庫で保存しますが、日持ちはしません。

切ったナスを長く保存する場合は、冷凍保存が良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷蔵保存の賞味期限は、もって1日程度

冷凍保存で長期保存

水洗いしたあと、ヘタを取って食べやすい大きさに
切ります。次に、たっぷりの水に10分程度浸してあく抜きをします。
キッチンペーパーなどでしっかりと水気をふき取ったら、
フリーザーバッグに入れて、空気を抜いて冷凍保存します。

使用する際は、解凍せずに炒めたり煮たり調理してください。
解凍するとべチャッとなってしまいます。

焼きナスの冷凍
グリルなどでナスを焼いてから、皮を剥き
ラップに包んで冷凍保存すると、
解凍時にべちゃっとなるのを抑えることができます。
保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍したナスの賞味期限は、1か月程度

干しナスで長期保存

ナスを干すことによって冷凍よりも長期保存できるようになります。
作り方は、ナスを縦半分に切るか縦に3~4等分に切るか、
2cm幅で斜めに切り、ザルやネットなどに並べ
天日干しします。
干す前に塩を軽く振って混ぜると水分が早く蒸発します。
また、切ったあとに薄いレモン水や薄い酢水にくぐらせると、
変色を防止します。
※水1Lに対してレモン果汁大さじ1杯程度
1日干すだけで、栄養と旨味が凝縮され非常に美味しくなります。
3日程度干して水分を抜いてしまうと、長期保存が可能になります。
半干し程度で止めて、ジップ付き袋に入れて冷蔵保存しても
通常より保存期間が長くなります。
完全に干したものは、ジップ付き袋に入れて冷蔵保存もしくは、
常温で保存すると良いでしょう。
こちらは、干しナスの作り方が紹介された動画です。
参考にしてみてください。

使用の際は、一度水でもどしてから煮物やお浸しにお使いください。

保存期間(賞味期限)の目安は?
  • 半干しの賞味期限は、2か月程度
  • 完全に干したものの賞味期限は、1年程度
スポンサーリンク


腐るとどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • 皮を触ってみて軟らかくなっている
  • 中が黒ずんでいるもの
  • 皮の一部または全体が茶色くなっている
  • 切ったら黒い斑点がある
  • カビが生えている

このような場合は、腐っている、あるいは美味しくなくなっていますので、
あまり食べない方が良いかもしれません。
皮がシワシワしだしたら、早めに食べた方が良いでしょう。

新鮮なナスの選び方は?

  • 濃い黒紫色でツヤがある
  • 触るとしっかりとしたハリと弾力があるもの
  • ヘタの切り口がみずみずしく、ピンと張っているもの
  • ヘタから出ているとげが痛いくらいのもの
  • ヘタの大きさよりも実が大きいもの
  • 皮に傷がないもの

まず見るところは、ヘタ部分です。ヘタが新鮮なものほど
鮮度の高いナスとなります。
ヘタより実が小さいものは、成長しきれていないため避けましょう。

まとめ

  • 1本1本新聞紙に包んで常温もしくは野菜室で保存する
  • 切ったナスはすぐに変色するため、保存が効かない
  • 長期保存するなら冷凍保存が適している
  • ナスがたくさんある場合は、干しナスを作ると重宝する
  • 干すと旨味が凝縮する

ナスは保存の仕方次第で大幅に賞味期限がかわります。
多量にある場合は、うまく保存して長期にわたって
美味しくいただきたいですね。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA