ニラの保存方法と賞味期限は?

ニラの保存温度は、0~5℃ですので、
常温よりも冷蔵庫の野菜室で保存した方が良いでしょう。
そのままの状態よりも切った方が保存が効きますので、
保存したい方は切りましょう。
長期保存したいのであれば、冷凍保存が良いです。

スポンサーリンク


そのままのニラの保存は?

ニラは、乾燥しやすく傷みやすいため、
根元部分に塗れたキッチンペーパーを
あてて、全体を新聞紙で包んで、ビニール袋に
入れて野菜室で立てて保存します。
または、濡れた新聞紙で全体を包み
ビニール袋に入れても構いません。
ビニール袋に全体が入らないようなら、
上からもビニール袋をかぶせます。
保存するときにニラを折らないように注意してください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

そのままの状態の賞味期限は、3日程度

ニラ

切ったニラの保存は?

ニラを洗ったら、タッパーに入るくらいの長さに切ります。
タッパーに詰めたら、水をひたひたになるくらいまで入れて
冷蔵庫で保存します。
2日に一度くらいの割合で、水を交換すると長持ちします。

50℃洗いで鮮度を保つ
50℃のお湯に1~2分程度浸け洗いすると
シャキシャキして鮮度が長く保てます。
沸騰したお湯:水=1:1で50℃くらいになります。
保存期間(賞味期限)の目安は?

切ったニラの賞味期限は、5~10日間程度

冷凍保存で長期保存

ニラを洗ったあと、しっかりと水気を拭いて
使いやすい長さに切ってからフリーザーバッグやタッパーに
入れて冷凍保存します。
この時に、しっかりと水気を取っておかないと固まりますので、
注意してください。

使用の際は、解凍せずにそのまま調理してください。
解凍するとベチャベチャになります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍ニラの賞味期限は、1か月程度

どうなったら食べない方がいいの?

  • 異臭がする
  • ぬめりがある
  • 溶けている
  • 変色しすぎている

ニラが腐ると、葉がすぐにちぎれたり、ドロドロになります。
また、ものすごく臭くなるので、そうなる前に使いましょう。

新鮮なニラの選び方

  • 緑色が鮮やかなもの
  • 葉が折れていないもの
  • 葉先までピンとしてハリがあるもの
  • 肉厚で幅があるもの
  • 切り口がみずみずしく新鮮なもの
  • においが強いもの

葉がふにゃっとしているものは、時間が経っているものです。
葉が折れるとビタミンCが損失されますので、
そういったものは避けましょう。

まとめ

  • ニラは、乾燥に弱く傷みやすい
  • そのままの状態のニラは、キッチンペーパーや新聞紙を湿らせて
    全体を包み、ビニール袋をかぶせて野菜室で立てて保存する
  • 切ったニラは、タッパーに入れて水を入れた状態で冷蔵保存する
    2日に1回程度水を交換する
  • 冷凍の場合は、ニラの水気をしっかりと拭いてからフリーザーバッグに入れて
    保存する。使用の際は、解凍せずに調理する。

保存方法によりしばらくは保存できますが、
保存期間が長いとどうしても、栄養は下がってしまいます。
ですので、出来る事なら早目に使った方が良いでしょう。
なお、ニラは根元の方が栄養がありますので、
根元ギリギリまで使う様にしましょう。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA