えごま油の保存方法と賞味期限は?

えごま油は、αリノレン酸が豊富な食品として
知られていますが、保存方法はどのように行えば良いのでしょうか?
また、賞味期限はどのくらいもつのでしょうか?
こちらでは、えごま油の保存方法と賞味期限について紹介いたします。

スポンサーリンク


開栓前のえごま油の保存方法は?

えごま油は、水などの不純物が入らない限り
かびたりすることはありませんが、酸化する可能性はあります。
酸化する条件として、「酸素」「熱」「光」により
酸化します。未開封の場合、酸素は入ってこないので、
残りの「熱」「光」を防ぐ必要があります。

ですので、保存場所としては光の当たらない
できるだけ涼しいところ、冷暗所で保存してください。

えごま油

保存期間(賞味期限)の目安は?

未開封の場合、基本的には容器に書かれている
賞味期限を目安にしてください。
えごま油のメーカーの種類にもよりますが、
半年から1年程度かと思います。

万が一、未開封のまま賞味期限を過ぎてしまった場合、
保存容器によってもかなり変わってくるのですが、
直射日光に当たるところに置いていた、
高温のところに置いていたなどの劣悪な保存環境にない限り
賞味期限後、さらに1年程度は保存できるかと思います。
ですが、賞味期限後は酸化する可能性もありますので、
基本的には賞味期限内に使用してください。

栓を開けたえごま油の保存方法は?

寒い時期(室温が低い)の場合ですと一度栓を開けたえごま油も開栓前と同様、
冷暗所で保存すると良いかと思いますが、
えごま油は酸化しやすい油ですので、
開栓後は冷蔵保存を心がけるようにしましょう。

また、できるだけ空気に触れないようにするため、
ふたを開けっぱなしの状態で置いておかない、
ふたはしっかり閉めることを心がけてください。

だたし、冷蔵庫で保存しているからといって酸化しないわけではないので、
開栓後はなるべく早めに使用するようにしましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

えごま油は酸化しやすい油ですので、開開栓は
1~2ヶ月が目安かと思いますが、できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

開栓後あまり日持ちしないため、大きな容器のものを
購入すると家庭にもよりますが、使えない可能性が出てくるため、
あまりそうと感じる場合は小さめの容器のものを購入するようにしましょう。

スポンサーリンク


酸化すると味や臭いはどうなるの?

メーカーにもよりますが、えごま油はもともと若干癖があるので、
この匂いは酸化とは別となります。

しかし、生臭いような魚臭いようなにおいが強くなりだしたら、
酸化している可能性があります。

酸化した油は古臭いような味、生臭いような味で
人によってはおえっとなるような味になります。

また、油は劣化してくると色が濃くなってきますので、
購入時と比べて色に違いが出てきているのなら、
酸化している可能性があります。

また、えごま油はさらさらとしていますが、
酸化するとドロっとしてきます。

まとめると、

  • 魚臭いような味の変化
  • 透明感のない色の変化
  • さらさらではなくドロっとした質の変化

このような感じになるかと思います。

なお、酸化してしまった油はトランス脂肪酸などが
発生し体によくはありませんので、
酸化の度合いにもよりますが、変な味やにおいが強くなっていたり
色が変色しているような場合は、使わないほうが良いでしょう。

えごま油を健康のために継続使用される場合は、
若干の癖が苦手だったり、酸化しやすい油のため
保存方法に注意し開栓後は早めに使用しなければいけないなどの
注意が必要になってきます。

ですので、そういった場合はえごまのサプリメントなどの
利用も良いかもしれませんね。

えごまの恵みを見てみる

まとめ

えごま油は健康に良いとされたびたびテレビなどで
とりあげられています。
開栓前は比較的長持ちするのですが、
開栓後はαリノレン酸(不飽和脂肪酸)の多いえごま油は
酸化しやすいため、早めに使用しなければなりません。

酸化する原因は大きく分けて「熱」「酸素」「光」ですので、
これらに気を付けた保存を心がけましょう。

LINEで送る
Pocket



スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す




CAPTCHA