MENU
当サイトの賞味期限表記について
⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

お好み焼き粉の賞味期限切れはいつまで使えるの?開封後は?

お好み焼き粉

お好み焼き粉の賞味期限は未開封の状態で約1年間程度設けられています。
これを過ぎると賞味期限切れになるのですが、そこからいつまで使用出来るのでしょうか?
開封後の賞味期限についても紹介致します。

お好み焼き粉の賞味期限切れはいつまで使えるの?

お好み焼き粉

賞味期限は消費期限と異なり、美味しく食べられる期間のことを指しています。
これを過ぎたからといってすぐに食べられなくなるわけではありません。

賞味期限は余裕を持って設定されていますので、
お好み焼き粉の場合、賞味期限を過ぎてから2~3ヶ月程度は
風味の劣化等なく使えるでしょう。

ただし、未開封の場合のお話です。

それ以上過ぎると風味が劣化する可能性はありますが、
中身が湿気ていない限りは1年賞味期限が過ぎたとしても
使用出来るかと思います。

開封後の賞味期限は?

開封すると記載されている賞味期限は無効になってしまいます。
開封後は輪ゴムなどで封をして冷蔵庫で保管により
2~3ヶ月程度は日持ちします。

それ以上保存すると風味が劣化する可能性が出てきます。
湿気が付いているとそこに菌が繁殖して腐敗の原因になりますので、
中身が湿気っている場合は使用しないでください。

逆に言うと湿気っていなければ菌が繁殖できる水分がない状態なので、
腐敗することはありません。

開封後常温保存するとどうなるのか?

開封後常温保存していると、湿気にやられてしまい
腐敗する可能性があります。

また、ダニが湧いてしまいアレルギーなどの原因になることがありますので、
開封後、長く常温で保存している場合は
使用は控えた方が良いかも知れません。

ダニが湧いたとしても肉眼では確認出来ません。

ダニが湧くとひどい場合はお好み焼き粉の半分がダニと入れ替わっている
なんてこともあり、そんなに多量にダニを食べると
加熱したとしてもダニによるアレルギー(湿疹やじんましんなど)を
引き起こす可能性があり、これを「経口ダニアナフィラキシー」と呼ばれています。
参照:OYANAGI allergy Clinic

腐るとどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • 開封後、長期間常温で保存している
  • 変色している
  • 粉が湿気っている

このような場合は、食べないようにしましょう。
先ほども書きましたが開封後に常温で保存していると
ダニが湧くことがあり、多量のダニを食べるとアレルギーを引き起こす可能性があります。

保存するのであれば、冷蔵庫や冷凍庫など低温の場所で保存するようにしてください。

まとめ

お好み焼き粉は未開封の状態で賞味期限が1年程度ありますが、
そこから2~3ヶ月程度は品質の劣化等なく使えますが、
1年過ぎたなど長期間賞味期限が過ぎてしまうと風味の劣化等が見られるかも知れません。

湿気てなかったり、風味を気にしないということであれば、
賞味期限が1年過ぎても使用できるとは思いますが。

開封後は2~3ヶ月以内に使い切るようにしてください。
ただし、空気が入らない状態にして冷蔵庫で保存している場合に限ります。

開封後常温で保存しているとダニが湧くことがあり、
ダニが湧いたお好み焼き粉を使用するとアレルギー症状が出ることがありますので、
長期間常温で保存しているものは使用しない方が良いかもしれません。

関連記事

1回きりだけど確実に稼げる方法

1回きりで継続的には稼げませんが、
その1回で数万円稼ぐ方法を紹介!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

食品衛生責任者の牟田と申します。

目次