さつま揚げの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

さつま揚げをたくさん買ってきた場合や余った場合などに
保存が必要になってくるかと思います。
では、どのようにして保存すれば良いのでしょうか?
こちらではさつま揚げの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

さつま揚げ

さつま揚げは真空パックで常温保存可能とかでない限り
基本的に常温保存はNGです。

ただし、お弁当に入れることもあるかと思います。
その場合は、さつま揚げが熱いのならあら熱が取れてから
フタをして気温が暖かい、暑いといった場合はお弁当箱を
保冷剤で冷やすか、保冷バッグなどに入れて持っていくと良いでしょう。

常温で置いておける時間についてですが、
暑い夏場などの場合は4~6時間程度。
冬の寒い時期で、室温が10℃以下の場合は1日程度。
それ以外の季節(10~20℃程度)は6~12時間程度。

ただし、お住まいの地域や室温、湿度などによって
置いておける時間は変化しますので、上記の時間は
あくまでも参考程度にとどめてください。

置いておく場合は、空気に触れないようにして
直射日光を避けてできるだけ涼しい場所で置いておくようにしましょう。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、開封前の状態ならそのまま保存することが出来ます。
開封後や空気に触れるような状態の場合は、
空気に触れないようにしっかりとラップで包んでから
ジップ付き袋に入れてしっかりと空気を抜いて保存するようにしましょう。

もしくは、タッパーに入れて保存することも出来ます。

食べる際は、温めてから食べると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は開封前のものであれば、記載に従ってください。
開封後などの場合は、2~3日程度
生タイプのものであれば、メーカーによって違いはありますが、
1週間くらいの消費期限が設けられていることが多いです。

あまり長く保存すると油がまわったりして風味が著しく
損なわれることがありますので、注意しましょう。

冷凍保存は?

さつま揚げは冷凍保存することも可能です。
その場合、1つずつしっかりとラップに包んで、
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

できれば、金属トレーの上にのせて凍らせるか、
急速冷凍機能が付いている場合は、その機能を使用して
凍らせることで、ある程度劣化を防ぐことが出来ます。

解凍は?

解凍は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。
急激に解凍すると風味が劣化する恐れがありますので、
ゆっくりと解凍した方が良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は1~2ヶ月程度

スポンサーリンク

腐ったらどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • 表面がネバネバしている
  • 油がまわったようなにおいがする
  • 油の味がする
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする

このような状態になっている場合は食べない方が良いでしょう。
特に、常温で長時間置いておいた物や冷蔵庫で長期間保存した物、
賞味期限あるいは消費期限が何日も過ぎた物は
見た目やにおい、味に変化がないか確認して食べるようにしましょう。
心配なようなら食べない方が良いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
さつま揚げは、基本的には冷蔵保存が適していますが、
長期間保存したい場合は、冷凍保存もできますので、
冷凍保存するようにしましょう。
冷凍しておけば、賞味期限が過ぎても問題になりません。

ただし、冷凍焼けなどの恐れがあるため、1~2ヶ月以内には
食べた方が良いかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。