たい焼きの保存方法と賞味期限は?

たい焼きが余った場合やたくさん買ってきた場合、
もしくはたくさん作った場合に保存が必要になるかと思います。
では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではたい焼きの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

たい焼き

たい焼きの常温保存は基本的にNGです。
特に暑い時期に車内に置いておくのは危険です。

もし常温で置いておきたいなら、
たい焼きを一つずつラップに包んで置いておきます。
買ってきた物なら紙袋に入っている場合が多いと思いますが、
紙袋に入れて放置していると、たい焼きが乾燥しますので、
面倒でもラップに包んだ方が良いでしょう。

手作りのたい焼きの場合も同様でラップに包んで置いておきます。

置いておける時間ですが、
夏場などの暑い時期の場合は、4~6時間程度。
冬場の寒い時期で暖房が入っていない部屋の場合は12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、中身があんこなのかカスタードなのか、
お住まいの地域、室温などによって変化しますので、
上記の時間はあくまでも参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、一つずつラップに包んで保存します。
におい移りなどが気になる場合は、ラップに包んだ後ジップ付袋に入れて
保存すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は2日程度
中身がカスタードの場合は、できれば当日中が良いですが、
保存して1日程度で食べきるようにしましょう。

それ以上保存するとたとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので、腐る可能性があります。

冷凍保存は?

冷凍保存ですが、中身がカスタードの場合
冷凍解凍すると、カスタードがざらついて食感が変わる可能性がありますので、
中身がカスタードの場合、食感を気にする場合は冷凍保存しない方が良いでしょう。

中身があんこの場合は、冷凍解凍してもあまり食感は変わりませんので
問題ありません。

保存方法ですが、ラップに包んであら熱が取れたら
フリーザーバッグに入れてしっかり空気を抜いて
できるだけ平らになるようにして保存します。

できれば、金属トレーの上で凍らせるか、
急速冷凍機能が付いている場合は、その機能を使用して
凍らせると劣化をある程度抑えることが出来ます。

解凍は?

解凍は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍してから
電子レンジなどで加熱すると良いでしょう。

急いでいる場合は、常温で自然解凍しても構わないでしょう。
ただし、カスタードの場合は、傷みやすいため常温での解凍は
おすすめしません。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は2~4週間程度
カスタードの場合は2週間程度。

それ以上保存すると冷凍焼けなどによって
風味が劣化する可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変色している
  • 変なにおいや味がする

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。
また、中身がカスタードの場合で、常温で長く置いておいた物や
冷蔵庫で長期間保存していた物は、においや味に変化がなくても
食べない方が無難でしょう。

中身があんこの場合も同様で、
常温で長く置かない。冷蔵庫で長期間保存しないでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
たい焼きは保存したいときは冷蔵保存で、
中身があんこの場合、冷凍保存できるので
長期間保存したいときは冷凍保存すると良いでしょう。

中身がカスタードの場合、食感が変わってもいいという場合のみ
冷凍保存するようにしましょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。