このサイトはアフィリエイトプログラムを利用しています。

また、プロモーションを含む場合があります。

ちらし寿司の素の賞味期限切れはいつまで食べられるの?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

ちらし寿司の素の賞味期限はメーカーによって違いはありますが、約18ヶ月程度設けられています。
これを過ぎると賞味期限切れとなるのですが、そこからいつまで食べられるのでしょうか?
こちらではちらし寿司の賞味期限切れについて紹介致します。

スポンサーリンク

ちらし寿司の素の賞味期限切れはいつまで食べられるの?

ちらし寿司の素

賞味期限は消費期限と異なり美味しく食べられる期間を指しています。
これを過ぎたからと言ってすぐに食べられなくなるわけではありません。

賞味期限は余裕を持って設定されていますので、
ちらし寿司の素の場合、賞味期限が切れてから4ヶ月程度は
品質の劣化等なく食べることができます。

それ以上賞味期限が切れると徐々に風味が劣化していきますので、
大幅に賞味期限が過ぎているものは美味しく食べられないかも知れません。

腐らないのか?

賞味期限が大幅に過ぎると腐るのかというと、
真空パックされており、無菌であるためパックが破れでもしない限り
腐ることは考えにくいです。

ですので、パックを開けなければ基本的に何年経っても食べることは出来るでしょう。

ただし、上記で説明したように風味が徐々に劣化していくため、
できれば賞味期限内に食べた方が良いです。

仮に賞味期限が1年過ぎたちらし寿司の素を使ったとしても
食べることはできますが、美味しいかどうかは別の話になります。

賞味期限が1年や2年過ぎたちらし寿司の素はどうしたらいいの?

賞味期限が1年や2年過ぎてしまったちらし寿司の素は
開封していなければ、おそらく食べることは出来るかと思います。

ただし、変色していたりカビが生えていたり見た目が変化しているものについては
食べないでください。

値段も安いため思い切って捨てるという選択肢もありますが、
多少味が落ちてももったいないから食べると言う場合は、
食べて見ないことにはわからないので、

開封後に少し味見をしてみると良いかも知れません。

この時に味が明らかにおかしくなっている場合は
食べないようにしましょう。

特に異常がなければ、美味しく食べられるかと思います。

どういう状態になっていたら食べない方が良いの?

  • カビが生えている
  • 変色している
  • パックが膨張している
  • パックに穴が開いていたり中身が漏れていたりする
  • 中身が糸を引いている
  • 中身がネバネバしている

このような状態になっている場合は、腐敗している可能性が高いため
食べないでください。

このような状態になったものを例え加熱したとしても
菌が出した毒素は壊れませんので、食べると食中毒になる可能性があります。

逆に言うとこのような状態になっていなければ
風味はどうであれ食べても問題はありません。

賞味期限を過ぎたものは自己責任で

ちらし寿司の素の賞味期限は18ヶ月程度設けられております。
賞味期限は余裕を持って設定されているので3~4ヶ月程度賞味期限が過ぎたとしても
品質の劣化等なく食べられるかと思います。

賞味期限は美味しく食べられる期間を指したものですので、
これを過ぎると味の保障はしてくれません。

真空パックで中は無菌ですのでパックが破損したり開けない限り
基本的には腐ることはありませんが、
賞味期限が過ぎたものは念のため見た目やにおい、味を確認の上
食べるかどうか判断してください。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。

当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。