りんご飴の保存方法と賞味期限は?

縁日の定番と言えばリンゴ飴。大きい物から小さい物までありますよね。
小さい物ならそのまま食べきることが出来るでしょうが、
大きい物だと食べきるのがなかなか難しくなってきます。
特に子供の場合だと、途中で残すことも多いかと思います。

そんな時、どのように保存すれば良いでしょうか?
こちらでは、リンゴ飴の保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

リンゴ飴

リンゴ飴はリンゴに溶かした飴をコーティングしたものです。
リンゴの表面に熱が加わって通常のリンゴよりも傷みやすいです。

かじっていないリンゴ飴の場合は、常温でもしばらくは置いておくことが出来ますが、
かじってしまったリンゴ飴は、かじった部分に菌が付着しますので、
傷みやすくなっていますので、常温での保存は避けてください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

かじってないリンゴ飴の場合、1日程度。
かじったリンゴ飴の場合は、6時間~12時間程度。

冷蔵保存は?

リンゴ飴の保存は冷蔵保存が適しています。
かじっていないリンゴ飴の場合、多少日持ちはしますが、
かじっている場合、上記にも書いたとおり菌が付着していますので、
冷蔵庫内でも徐々に菌が増殖しますので、早めに食べた方が良いでしょう。

保存方法としては、リンゴ飴をラップに包んで保存するか、
ジップ付袋に入れて、しっかりと空気を抜いて保存することです。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、かじっていない物であれば、2日程度。
かじった物であれば、1日程度。

冷凍保存できるの?

リンゴを冷凍して解凍すると、しゃくしゃくした食感は失われてしまいます。
食感としては、柔らかくなり手触りはふにゃふにゃな感じになり、
リンゴのコンポートのようになります。

冷凍したリンゴ

味はリンゴのままなのですが、食感が変わってしまいます。

これを好き好んであえて冷凍して解凍する人もいますので、
好みの問題になりますが、しゃくしゃくした食感を味わいたい人には向いていません。

保存の方法としては、ラップに包んで保存するか、フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存してください。

 

解凍は食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。

 

新しい食感のリンゴ飴が楽しめるかもしれません。

 

なお、冷凍して解凍したものを再度冷凍すると劣化してしまいますので、再冷凍はしないでください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は1ヶ月程度。

スポンサーリンク

腐ったらどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • リンゴが冷凍していないのにふにゃふにゃになっている
  • 異臭がする
  • 変な味がする
  • リンゴ飴を食べる前からリンゴ内部が変色している

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。

かじったリンゴは上記にも書きましたが、菌が付着しますので、
その日中に食べた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
リンゴ飴の保存は基本冷蔵保存が良いですが、
それでも日持ちはあまりしませんので、早めに食べた方が良いでしょう。

冷凍保存はリンゴがコンポートのように柔らかくなってしまいますが、
それを好んで食べる人もいるので、一度試してみるのも良いかもしれません。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。