ウニの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

ウニをたくさんいただいたり、瓶詰めのウニを開封した場合などに
保存が必要になってくるかと思います。
その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではウニの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

ウニ

ウニの常温保存は基本的にNGです。
常温で置いておくと菌の繁殖が早くなり
傷んでしまうためです。

もし常温で置いておくならラップをするなどして
空気に触れないようにしておくようにしましょう。

常温で置いておける時間を書くと、
暑い夏の時期などは4~6時間程度。
冬の寒い時期で室温が10℃以下の場合は1日程度。
それ以外の季節(10~20℃程度)は6~12時間程度でしょうか。

ただし、むき身なのかや瓶詰めなのか、お住まいの地域や室温、湿度などによって
置いておける時間は変化しますので、上記の時間はあくまでも
参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

ウニは冷蔵保存が基本的な保存になるかと思います。
瓶詰めのウニでは、要冷凍と書いてある場合がありますが、
それ以外のウニは冷蔵保存になります。

保存方法としては、乾燥しないようにしっかりと封をして保存してください。

食べる際は、そのまま食べても良いし、
蒸したり焼いたりして食べても良いです。

保存期間が長くなった物は火を通した方が良いでしょう。
その場合、中心部が75℃以上で1分以上加熱下方が無難です。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、瓶詰めで未開封の物は記載に従ってください。
開封後やむき身などの物は、2日程度
それ以上保存すると風味が劣化しにおいも出てきます。

保存だけで言うならもう少し日持ちしますが
おすすめではありません。

冷凍保存は?

ウニは冷凍解凍すると溶解してしまうことがあります。
ですので、要冷凍と書いているもの以外は冷凍はしない方が良いでしょう。

どうしても冷凍したい場合は、焼くか蒸すかなど加熱してから
あら熱が取れたらラップで包んでフリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

もしくは、ウニソースなどに使うのでしたら、
生のままで保存することも可能です。

解凍は?

解凍は要冷凍になっている物は記載に従ってください。
それ以外のものは食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。

生で保存した物は、解凍はせずに直接調理で火を通すことが出来ます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は2~4週間程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどにより
風味が劣化してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • 冷蔵保存や常温保存で身がどろどろに溶けてしまっている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • すっぱい味がする
  • すっぱいにおいがする
  • 変な味がする
  • 変なにおいがする

このような状態になっている場合は食べない方が良いでしょう。
特に長時間常温で置いておいた物や冷蔵庫で長期間保存していた物は
傷んでいる可能性があるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
瓶詰めで販売しているウニはともかく
むき身をたくさんいただいたりした場合、
生で食べる場合は冷凍保存が無理なので
冷蔵庫で保存するしかありません。
その上、冷蔵庫でもあまり日持ちしませんので、
どうしても余ってしまう場合はウニソースなどにして
保存すると良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。