オートミールの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

オートミールを開封した場合やたくさんある場合などに
保存が必要になってくるかと思います。
その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではオートミールの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

オートミール

オートミールは基本的に常温保存が可能です。
賞味期限もメーカーによって異なりますが、
数ヶ月~1年程度保存できるようになっています。

ただし、この賞味期限は未開封の状態の賞味期限なので、
開封後には当てはまりません。

開封後の保存方法としてはジップ付き袋に入れたり
密閉できる容器に入れてしっかりと封をして
直射日光を避けて高温多湿の場所も避けて
できるだけ涼しい場所で保存するのが好ましいです。

空気に触れさせ続けると風味が劣化しますし、
害虫が入ってくることもあります。
また、湿気を吸ってカビが発生することも考えられます。

これらに注意して空気に触れないようにしっかりと保存する必要があります。

冷蔵保存は?

オートミールは冷蔵保存することも可能です。
その場合、ジップ付き袋に入れてしっかりと空気を抜いて保存するか
タッパーやガラス製やプラスチック製の容器に入れてしっかりと封をして
保存すると良いでしょう。

ただし、冷蔵保存だと常温に出してしまうと、短時間なら大丈夫ですが
結露が発生し湿気の原因になりますので注意が必要です。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は数ヶ月程度
空気に触れさせないようにしっかりと封をしていれば、
長く保存できます。

冷凍保存は?

オートミールがたくさんある場合は冷凍保存がおすすめです。
その場合、フィリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存するか
タッパーなどの密閉できる容器に入れて保存します。

解凍は?

解凍はせずにそのまま使用できます。
また、食べる前日に牛乳や水などに浸した状態で
冷蔵庫で保管すれば、オートミール粥にすることもできます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は数ヶ月程度
空気に触れさせないようにしていれば長く保存することが出来ます。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • 湿気てカビが生えている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱいあじがする
  • 虫が入っている(ダニの場合は目に見えないこともあります)

このような状態になっている場合は食べない方が良いでしょう。
基本的には乾燥しているので、カビなどの菌が発生することはないのですが、
結露も含めて湿気を吸ってしまうとカビや菌が発生して
上記のような状態になることがあります。

また、ダニなどの虫が湧くこともありますので、保存には気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
オートミールは腐りにくい食べ物ですが、
湿気が大敵になりますので、しっかりと湿気が入ってこないように
保存するようにしましょう。

また、ダニなどの虫が湧くこともあるので、開封後は
ダニなどが湧かないように密閉できるものに入れて保存した方が良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。