ケチャップの保存方法と賞味期限は?冷凍保存できる?

市販のケチャップは開封前と開封後とではどのように保存すれば良いのでしょうか?
また、どのくらいの期間使用できるのでしょうか?
こちらではケチャップの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

ケチャップ

ケチャップは開封前は直射日光の当たらない冷暗所で保存が可能ですが、
開封後は冷蔵庫で保存するのが好ましいです。

ですが、開封後も直射日光の当たらない冷暗所で保存することも可能。
ただし、酸化を防ぐためにはやはり冷蔵庫での保存が好ましいでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、開封前のもの1年~1年半程度。(記載にしたがってください)
開封後は、およそ1ヶ月程度。(だたし、冷蔵保存した方が酸化は防げます)

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合、開封前開封後関わらず、ドアポケットで保存するのが好ましいでしょう。
残り少なくなってくるとキャップの方を下にして保存してしまいがちですが、
トマトの水分が沈殿することがあるので、キャップを下にして保存すると
沈殿した水分が先に出てきてしまうことになる可能性がありますので、
キャップの方を上にして立てて保存するのが好ましいでしょう。

なお、使用した際はキャップの部分が汚れて雑菌が付きやすい状態になっており、
カビが出ることがありますので、使用後はティッシュなどで綺麗に拭き取ってから
保存する方が良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

開封前のものは記載にしたがってください。
開封後のものは1ヶ月程度が好ましいが、我が家では数ヶ月間問題なく使用しています。

なお、長く保存しておくと水分が分離することがありますが、
混ぜてあげれば問題なく使用できます。

冷凍できる?

冷凍保存ですが、結論から言うと可能です。
ただし、ボトルごと冷凍してしまうと、解凍すると全部解凍することになるため、
大さじなどで取り製氷皿やトレー、あるいはラップにしいて冷凍するなど工夫が必要です。

なお、冷凍と解凍を繰り返してしまうとケチャップが劣化したり水分が分離するため
冷凍解凍は繰り返さないようにしましょう。

冷凍する際、瓶に入ったケチャップは瓶のまま冷凍することは避けてください。

 

冷凍保存は冷蔵保存よりも酸化などによる劣化は防げると思いますが、
保存するのに工夫が必要で少々面倒ではあります。

解凍は?

解凍は使用する前日に冷蔵庫に移して自然解凍するようにしましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は1ヶ月以内が良いですが、何ヶ月でも冷凍することはできます。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

基本的に腐ったりすることはありません。
ケチャップに含まれる食塩や酢が防腐剤の役割を果たしているからだと思われます。
参照:商品安全検査センター

なお、酸化したり乾燥したりして変色することがあります。
使用しても問題ないと思いますが、風味は劣化しているものと思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ケチャップは開封前も開封後も長期保存ができます。
ですが、開封後は風味の劣化などの理由で1ヶ月以内に使用した方が好ましいでしょう。
気にならない方は数ヶ月と保存しても問題ありません。

冷凍保存は、冷蔵保存よりも酸化しにくいため風味などの劣化を防ぐことが出来ますが、
小分けに冷凍しなければいけないなど少々面倒なので、
そんな場合は、大きなボトルのケチャップを購入するのではなく
小さいボトルのケチャップを購入しなるべく早めに使い切るようにした方が良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。