ピスタチオの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

ピスタチオをたくさん買ったりもらったりした場合に、
保存が必要になってくるかと思います。
その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではピスタチオの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

ピスタチオ

常温で保存するときは、袋に入っている場合は
湿気が中に入らないように輪ゴムなどでしっかりと封をして保存します。
しかし、輪ゴムだけでは時間が経つと中に空気が入ってしまいますので、
できれば、ふたのある瓶などの保存容器の中に入れて保存した方が良いでしょう。

保存する場所としては、湿気の少ない直射日光の当たらない冷暗所が適しています。

ただし、夏などの20℃を超える場所の場合は、酸化する可能性があるため、
その場合は冷蔵庫での保存が適しています。

保存期間としては、開閉の回数にもよりますが、
およそ1ヶ月程度は日持ちするでしょう。

それ以上保存も出来るかと思いますが、
日にちが経つにつれ、酸化や湿気などにやられてしまいますので、
早めに食べた方が良いでしょう。

冷蔵保存は?

室温が20℃以上になる場合は、冷蔵庫で保存するようにしましょう。
常温保存と同じように、中に空気が入らないように
瓶に詰めて保存するか、輪ゴムでしっかりと口を縛って保存するか、
ジップ付袋に入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

食べる際は、そのまま食べることが出来ます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、常温保存と同じく1ヶ月程度。
常温と比べて冷蔵庫の中は温度が低いため
酸化しづらいので、もう少し日持ちすると思いますが、
早めに食べるに越したことはありません。

また、冷蔵庫で保存していた物を常温で置いておくと
結露が発生して湿気てしまいますので、
食べる分だけを出して、食べない分は冷蔵庫に戻して
食べた方が良いでしょう。

冷凍保存は?

ピスタチオの冷凍保存はピスタチオがたくさんある場合におすすめです。
というのも時間が経つと酸化して味が落ちてしまいますので、
冷凍保存することにより酸化を遅らせることが出来るからです。

冷凍保存としては、フリーザーバッグに入れて
しっかりと空気を抜いて保存します。

できれば、金属トレーの上にのせて凍らせるか、
急速冷凍機能が付いている場合は、
その機能を使用して凍らせることによって
ある程度劣化を防ぐことが出来ます。

解凍は?

解凍する場合は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行なうか、
流水に浸して解凍を行なうか、加熱して解凍を行なうと良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は1ヶ月程度
冷蔵庫で保存するよりも酸化の進み具合を遅らせることが出来るため、
長く保存したいなら冷凍保存するのも良いかと思います。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • 油の味がする
  • 油臭くなっている

このような状態になっている場合は食べない方が良いでしょう。
一度酸化してしまうと、味も香りも落ちてしまいますし、
状態がひどいと油のにおいや味がして美味しくありません。
ですので、光の当たるところや空気の触れるところでの保存は避けて
上手く保存する必要があります。

また、湿気にも弱いため湿気の少ない場所や水分が入らないように
瓶詰めにするなど工夫する必要もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ピスタチオは乾燥していますので、
常温でも日持ちはするのですが、温度が高かったり
日光の当たるところに置いておくと酸化してしまいますので、
保存は冷蔵庫での保存が適しています。

より長く保存したいのであれば、冷凍保存という方法もありかと思います。
ただし、解凍という一手間がかかるため、
長期保存したいということでなければ、冷蔵庫での保存が良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。