ペヤングなどのカップ焼きそばの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

ペヤングなどの大盛り、超超超大盛りなど食べきれなくて
保存を余儀なくされることがあるかと思います。
そんな場合、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは、ペヤングなどのカップ焼きそばの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

ペヤングなどのカップ焼きそば

ペヤングなどのカップ焼きそばを作った後に常温で保存するのはNGです。
そのまま置いておくと乾燥してパサパサになり食感などが変わってしまいます。
それだけでなく、長時間おいておくと菌が繁殖し腐る可能性があります。

常温で万が一置いておくとしたら、空気が入らないようにラップをして保存するべきでしょう。

保存時間としては、
夏場などの暑い時期の場合で、クーラーなどの付いていない暑い部屋の場合は、6時間程度。
冬場の寒い時期で、暖房などの付いていない室温が10℃以下の場合は12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、お住まいの地域や室温、湿度、お箸で取り分けているのか直箸なのかによっても
置いておける時間は変わってきますので、上記の時間はあくまでも参考程度にとどめておいてください。

冷蔵保存は?

冷蔵庫で保存する場合は、空気が入らないようにしっかりとラップをして保存するか、
ジップ付き袋に入れてしっかりと空気を抜いて保存するようにしましょう。

食べる際は、電子レンジで加熱するのも良いですが、
レトルトカレーのように湯煎して温めて食べるのも良いです。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は直箸していた場合は1~2日以内に食べきるようにしましょう。
直箸していない場合は、2~3日程度は日持ちするかと思います。

それ以上保存すると、たとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので、長期間保存していると腐ったり食中毒の原因になります。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合、フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて
できるだけ平らになるようにして保存します。

解凍は?

解凍方法は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。
または、流水に浸して解凍するのも良いでしょう。
電子レンジで解凍を行なうと解凍ムラが出る可能性がありますので、
あまりおすすめではありません。

解凍後は、電子レンジで加熱するか、
湯煎して温めてから食べると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間はおよそ1ヶ月程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどにより
風味が劣化したり、冷凍庫のにおいが移ってしまうことがあります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • カピカピに乾いている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。
特に直箸をしていて場合で常温で放置していた場合や
冷蔵庫で長期間保存していた場合は菌が繁殖しやすいため、
注意してください。

菌が繁殖して菌が毒素を出していた場合、
加熱しても菌は殺菌できますが毒素は失活しませんので、
食べると食中毒になる可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ペヤングなどの大盛りのカップ焼きそばは
食べて残すと、しばらくは食べたくなくなるかもしれません。
そんな時に冷凍保存も出来ますので、長期保存したいなら
冷凍保存するのも良いでしょう。

また、元々食べきれないとわかっている場合は、
作る前に半分だけ作るなど工夫するのも良いかもしれません。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。