マロニーの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

生マロニーや乾燥マロニーは一度開封したり茹でたりした場合、
どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではマロニーの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

乾燥マロニーなら常温保存可能です。直射日光を避けて湿気の少ない場所で保存します。
生マロニーの場合は、常温保存しないでください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

未開封の場合、記載にしたがってください。

冷蔵保存は?

一度茹でたマロニーや生マロニーは冷蔵庫で保存します。
保存の仕方は生マロニーの場合で開封していないのであれば、そのまま冷蔵庫に入れるだけで大丈夫です。

一度茹でたマロニーや開封した生マロニーの場合は、
まず生マロニーですが、中に入っている液体があるならば、その液体ごとタッパーなどに移して保存します。

一度茹でたマロニーや生マロニーで中の液体を捨てた場合などは、
水に浸してタッパーに入れて保存します。

保存期間(賞味期限)の目安は?

開封前の生マロニーの場合は、記載にしたがってください。

開封した物や一度茹でた物の保存期間は1~2週間程度。
ですが、生ものなのでできるだけ早く食べた方が良いでしょう。

冷凍保存は?

マロニーの冷凍保存は基本的には向いていません。
ですが、マロニーのホームページを見ると誤って冷凍庫に入れた場合でも美味しく食べられるようです。
参照:MALONY

ですので、冷凍保存は一応出来るというわけですね。
ただし、マロニーはでんぷんで出来ていますので、冷凍して解凍したときに柔らかくなる可能性はあります。

ですので、冷凍保存目的でマロニーを茹でておく場合は、少し堅めに茹でて保存するとよいでしょう。

保存方法としては、タッパーに水とともに入れて冷凍庫で保存します。

解凍は?

解凍は、電子レンジや湯煎などですぐに解凍するのは避けてください。

解凍するときは、冷蔵庫に移して自然解凍するか、常温での自然解凍、
あるいは流水をかけながら解凍か水に浸けて解凍する方法が良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は1ヶ月程度。
それ以上持つかと思いますが、保存期間が長くなると劣化してしまう恐れがありますので、
できるだけ早めに食べた方が良いでしょう。

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • 変色している
  • 生マロニーの場合で開封後、長時間常温で置いておいた場合
  • 変な臭いがする
  • マロニー自体がぬめっていたりねばねばしている
  • カビが生えている

このような状態の場合は食べない方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
生マロニーの場合、一度開封しても中の液とともに冷蔵庫に入れておけば
結構長持ちしますね。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。