マロンクリームの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

マロンクリームをたくさん作った場合などに
保存が必要になるかと思います。
その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではマロンクリームの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

マロンクリーム

マロンクリームの常温保存はNGです。
マロンクリームの中には牛乳や生クリームが入っているため、
そして栗自信が傷みやすいため常温では傷みやすいです。

常温でもし置いておくのであれば、空気に触れないよう
タッパーや瓶詰め、ジップ付袋など密閉できる物に入れて置いておくと良いでしょう。
置いておく場所は直射日光を避けてできるだけ涼しい場所で置いておきます。
ただし、日持ちはしないので保存するのであれば冷蔵庫での保存が良いです。

置いておける時間を書くと、
夏の暑い時期の場合は6時間程度。
冬の寒い時期で室温が10℃以下の場合は、1日程度。
それ以外の季節(10~20℃程度)の場合は6~12時間程度でしょうか。

ただし、砂糖の浸透具合やお住まいの地域、室温、湿度などによって
置いておける時間は変化しますので、
上記の時間はあくまでも参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、空気に触れないように瓶詰めにするか、
タッパーに入れるか、ジップ付袋などに入れて保存します。

もしくは、煮沸消毒した瓶にマロンペースト・マロンクリームを入れてフタをしっかりと閉めて
沸騰したお湯に瓶を逆さまにして入れて、コトコト煮込みます。
それを冷ましてから冷蔵庫で保存すると瓶の中は菌が以内状態になるので日持ちします。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は2~3日程度。
それ以上保存すると、たとえ冷蔵保存とはいえ
菌は繁殖しますので、腐る可能性があります。

瓶詰めの場合で、中に菌がいない状態であれば
ある程度長く日持ちします。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、クリームを入れる前の状態で保存した方が良いでしょう。
牛乳を加えた状態のものなら冷凍に向いています。
ただし、生クリームを加えた物は解凍時に分離することがあるからです。

その状態で、ラップに包んでフリーザーバッグに入れて
しっかりと空気を抜いて保存するか、
タッパーに入れて保存、もしくは煮沸消毒した瓶にマロンペーストを入れて
フタをしっかりとして、瓶を逆さまにして沸騰したお湯でコトコト煮詰めた物を
冷ましてから瓶ごとフリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。
瓶を使った保存方法が一番傷みにくいです。

解凍は?

解凍は、使用する前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。
急いでいる場合は、常温で自然解凍しても構わないでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間はおよそ1ヶ月程度
それ以上保存することも可能ですが、
冷凍焼けなどの心配もあるため
できるだけ早めに使用した方が良いかと思います。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は、使用しない方が良いでしょう。
特に常温で長時間置いておいた物や冷蔵庫で長期間保存していた物は
傷んでいる可能性があるため注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
マロンクリームは、生クリームを使用している場合は
冷蔵庫保存で、生クリームを入れる前の物でしたら、
冷凍保存も可能ですので、長期間保存することが出来ます。

たくさん作るのでしたら、マロンペーストの状態で
作った方が長期間保存できるので、良いでしょう。

 

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。