ミートローフの保存方法と賞味期限は?

ミートローフが残ってしまった場合や作り置きしたい場合に
保存が必要になってきます。

では、ミートローフはどのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではミートローフの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

ミートローフ

ミートローフの常温保存は基本的にNGです。
しかし、お弁当に入れる場合もあるかと思います。

その場合、あら熱が取れたらお弁当に入れて
直射日光を避けて、できるだけ涼しい場所で保管するようにしましょう。
また、お弁当箱を保冷剤などで冷やすようにしましょう。

保存期間としては、お住まいの地域や室温、味付けの濃さなどによって
変わるところがありますので、あくまでも目安ですが、
夏場など暑い時期は4~6時間程度。
冬場など寒い時期で暖房の効いていない場所では12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

お弁当に入れている場合を除いて、
常温で置いておいたミートローフは食べる前に加熱することをおすすめします。

 

なお、焼いていないミートローフの場合、
挽肉を使っていますので、菌がお肉の中に入り込み
傷みやすいため常温でおいておくのは避けてください。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、器に盛っている場合はあら熱が取れたら上からラップをして保存すると良いでしょう。
器に盛ってない場合は、ラップに包んで保存すると良いでしょう。
におい移りが気になる場合は、ラップで包んだ後ジップ付袋に入れてしっかりと空気を抜いて保存するようにしましょう。

食べる際は、電子レンジで加熱すると良いでしょう。

 

焼いていないミートローフの場合は、ラップに包んで保存すると良いでしょう。
しかし、なるべく早めに焼き上げるようにしましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、2~3日程度

焼いていないミートローフの場合、半日~もってせいぜい1日程度
昼に仕込みをして夜に焼くという感じで思っていた方が良いかと思います。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、あら熱が取れたら1食分程度に切ってから
1つずつラップに包んでフリーザーバッグに重ならないように入れて
しっかりと空気を抜いて保存すると良いでしょう。
こうすることで、1回分ずつ解凍することができます。

なお、ミートローフの中にゆで卵を入れている場合は、
冷凍するとゆで卵の白身部分がゴムのような食感になってしまいますので、
冷凍しないようにしましょう。

 

焼いていない状態のミートローフの場合、
ラップに包んでなるべく平らになるようにして
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存すると良いでしょう。

解凍は?

解凍は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍をすると良いでしょう。
ゆっくりと解凍した方が旨みが逃げません。

できれば上記の解凍が一番良いのですが、
急いでいる場合は、夏場以外なら常温での自然解凍をすると良いでしょう。
もしくは、電子レンジの解凍機能を使って解凍するのも良いでしょう。

解凍後、電子レンジで加熱するのも良いですが、
オーブントースターで加熱することで香ばしさが復活します。

 

焼いていないミートローフの場合、
焼く8~12時間前に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。
解凍せずに焼く(蒸す)と中心部まで火が通らない恐れがあり
食中毒の原因となりますので、解凍してから調理するようにしましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は1ヶ月程度
焼いていないミートローフの場合2週間~1ヶ月程度

それ以上保存すると冷凍焼けなどによって風味が損なわれる恐れがあります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • カビが生えている
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は食べない方がいいでしょう。
なお、常温で長時間置いておいた、冷蔵庫で長期間保存していた物は
味やにおい、見た目をしっかりと確認してから何も変化がなければ、
中心部まで火が通るようにしっかりと加熱してから食べるようにしてください。

焼いていないミートローフの場合、
常温に長く置いていた物や冷蔵庫で長く置いておいた物は
調理しても食べない方が良いでしょう。

菌が出した毒素は、加熱しても菌は死滅しますが毒素は残ったままなので、
食中毒になる危険性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ミートローフは生のまま保存するよりも、できれば焼いてから保存した方が安全です。
昼に仕込んでおいて夜に調理するというのはOKですが。

焼いた後のミートローフは通常は冷蔵庫で保存するといいですが、
作り置きしたい場合などは冷凍保存すると良いでしょう。
これで長期間保存することが出来ます。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。