レアチーズケーキの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

レアチーズケーキを作った場合でその日中に食べれない場合に
保存が必要になってくるかと思います。
では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではレアチーズケーキの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

レアチーズケーキ

レアチーズケーキは基本的に常温での保存はNGです。
常温保存のレアチーズケーキも売ってますが、それ以外のものは
基本的に冷蔵保存が適しています。

どうしても常温で置いておかなければならないのでしたら、
手作りなどでしたら空気に触れないようにしっかりとラップをして
直射日光を避けて出来るだけ涼しい場所で置いておきます。

誰かに手渡しするなどの場合は、保冷剤などで冷やすようにしましょう。

常温で置いておける時間ですが、
夏の暑い時期の場合は4~6時間程度。
冬の寒い時期で室温が10℃以下の場合は1日程度。
それ以外の季節(10~20℃程度)は6~12時間程度でしょうか。

ただし、レアチーズケーキに含まれる材料やお住まいの地域、
室温、湿度などによって置いておける時間は変化しますので、
あくまでも参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

レアチーズケーキは基本的に冷蔵保存が向いています。
冷蔵保存する方法としては、乾燥を避けるためラップやタッパー、
ジップ付袋などを利用して、空気に触れないようにしましょう。

食べる際は、そのまま冷蔵庫から出して食べると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、およそ2~3日程度
市販の物で未開封ならば記載に従ってください。

レアチーズケーキは日を追うごとに特徴である酸味が抜けてしまい
風味が劣化していってしまいます。
また、長期に保存すると、たとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので傷む可能性が出てきます。

冷凍保存は?

レアチーズケーキは冷凍保存も可能です。
その場合、1食分ずつに分けてから、一つずつラップに包んで、
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

できれば、金属トレーの上にのせて凍らせるか、
急速冷凍機能が付いているのであれば、その機能を使用して
凍らせることにより劣化がある程度防げます。

解凍は?

解凍は、ゆっくりと解凍した方が劣化が防げるため、
食べる前日くらいに冷蔵庫に移して自然解凍をしましょう。

半解凍して、シャーベット感覚で食べると、
また違った食感が楽しめます。

解凍後、日にちが経ってしまうと風味が落ちてしまいますので、
解凍したら時間が経たない内に食べましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間はおよそ2週間程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどにより
風味が劣化する可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • 通常よりもすっぱいにおいや味がする
  • 変なにおいや味がする

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。
特に常温で長く置いておいた場合や冷蔵庫で長期間保存していた物は
菌の繁殖により腐る可能性がありますので注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
レアチーズケーキは、できるだけ低温の状態で
保存する食べ物なので、手渡しする際などは
保冷剤や保冷バッグを利用して冷やした状態で手渡ししましょう。

保存する際は、冷蔵庫か冷凍庫で保存し
出来るだけはやめに食べるようにしましょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。