戻した切り干し大根の保存方法と賞味期限は?

乾燥切り干し大根を大量に戻してしまった場合、
保存が必要になるかと思います。

そのまま調理してから保存しても良いのですが、
使用用途が決まってない場合そのまま保存することになるかと思います。

こちらでは、戻した切り干し大根の保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

戻した切り干し大根

戻した切り干し大根を常温で置いておくのはやめた方が良いです。
できるなら、冷蔵庫か冷凍庫で保存した方が良いでしょう。

水で戻している最中忘れてしまった場合もあるかと思います。
一応置いておける時間を書くと、
夏場などの暑い時期の場合は、6時間程度。
冬場などの寒い時期の場合で、暖房の効いていない部屋の場合は、12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度。

ただし、お住まいの地域や室温、季節などによって変化しますので、
上記の時間は参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、水に浸けたままだと切り干し大根が水っぽくなってしまいますので、
水から出して、よく絞ってからラップに包むか、タッパーなどに入れて保存すると良いでしょう。

におい移りが心配なようでしたら、ジップ付袋に入れて保存すると良いです。

なお、戻し汁を保存する場合は、容器に入れてラップをかけて保存すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、2日程度
戻し汁も2日程度で使用した方が良いでしょう。

それ以上保存すると、たとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので、カビが生えたり、腐ったりすることがあります。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、切り干し大根をよく絞ってから、
1食分ずつラップにできるだけ平らになるように包んで、
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

戻した切り干し大根を煮物にしてから冷凍すると、食事の一品になったり、
お弁当にも入れれますので、調理してから保存するのも便利です。

その場合、カップや製氷皿に入れてラップをして保存するか、
ラップに1食分ずつ包んでフリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

お弁当に入れる際は、夏などの暑い時期は凍ったまま入れる事によって、
保冷剤の役割を果たしますし、食べる頃には溶けているので、そのまま食べることが出来ます。

解凍は?

戻した切り干し大根を解凍する場合、
使用する前日に冷蔵庫に移して自然解凍すると良いでしょう。
ゆっくりと解凍することによって劣化を防ぐことが出来ます。

時間がない場合は、常温で自然解凍させるか、
電子レンジの解凍機能を使用して解凍しても良いです。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、およそ1ヶ月程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどにより劣化してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このようになっている場合は、使用しない方が良いでしょう。
上記のような状態になっている場合、火を通したとしても
菌が出した毒素は消えませんので、使用は避けてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
戻した切り干し大根は、調理せずにそのまま保存することが可能です。
戻しすぎた場合で、使用用途が変わりそうな場合は、そのまま保存できるのは便利だと思います。

長い期間保存したいなら冷凍保存もできますので、
冷凍保存すると良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。