手作りのゴーヤの佃煮の保存方法と賞味期限は?

ゴーヤをたくさん使って佃煮を作るということは多いかと思います。
佃煮は保存食ですから長く美味しく食べたいですよね?
そんなゴーヤの佃煮はどのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではゴーヤの佃煮の保存方法について紹介しております。

スポンサーリンク

常温保存は?

基本的に常温での保存はしません。
どうしても常温で置いておかない場合は、直射日光を避けて出来るだけ涼しいところで保存します。

瓶詰めにするかタッパーに入れての保存になると思いますが、
上記の保存方法は冬場でのみの保存と考えてください。

佃煮は保存食と言われますが、夏場はどうしても持ちが悪くなります。

なお、薄い味付けは日持ちしませんが、濃い味付けは薄い味付けの物より日持ちします。

保存期間(賞味期限)の目安は?

夏場6~12時間程度
冬場1日程度

冷蔵保存は?

基本的な保存方法は冷蔵保存になります。
瓶詰めかタッパーに入れて、あら熱が取れたらしっかりとふたをして冷蔵庫で保存します。

保存期間(賞味期限)の目安は?

味付けの濃さによっても変わってきますが、こちらでは保存期間の目安は1週間程度としておきます。

冷凍保存は?

もちろん冷凍保存もできます。
冷凍保存する場合は、瓶やタッパーのまま冷凍してしまうとたくさん入ってある場合、
一気に解凍しなくてはいけなくなるため、ゴーヤの佃煮のあら熱が取れたらラップなどで小分けにしてフリーザーバッグに入れて
しっかりと空気を抜いて保存します。

ラップに小分けしておりますので、食べる際はちょうど良い量になるかと思います。

解凍は?

解凍は食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍します。
面倒な場合は電子レンジで解凍しても良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は風味を気にするのであれば1ヶ月程度
風味を気にしないのであれば2~3ヶ月以上は持つでしょう。

ただし、保存期間が長くなるにつれ冷凍焼けなどにより美味しくなくなりますので、
できるだけ早めに食べた方が良いでしょう。

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 白い点々が付いている
  • 異臭がする
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている

このような状態になっている場合は、食べないでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ゴーヤの佃煮は冷蔵庫に入れて保存すると結構日持ちします。
たくさん作った場合は、冷凍保存すると長期保存が出来るので、冷凍保存することをおすすめします。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。