手作りドーナツの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

手作りドーナツは、市販のドーナツと違って、
保存料などが含まれていない分
日持ちはしません。
ただし、保存方法によっては長く保存することができます。

スポンサーリンク

手作りドーナツの常温保存は?

ドーナツは油で揚げているため、
すぐに腐るということはありません。
短期間でしたら常温保存が可能で、
その場合は、ドーナツが冷めたらラップに包んで、
日の当たらない涼しいところで保存します。
ただし、暑い時期は、冷蔵保存か冷凍保存するようにしましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

手作りドーナツの常温保存期間は、1日程度
なお、手作りで作ったドーナツは種類に関係なく
この保存期間内に食べた方が良いでしょう。

ドーナツ

手作りドーナツの冷蔵保存は?

手作りドーナツが冷めたら、ラップに包んで
さらに上からジップ付き袋に入れて、しっかりと密封して
冷蔵保存します。
なぜ密封するのかというと、
周りのにおいが付かないようにするためなのと、
乾燥しないようにするためです。

また、油で揚げる前の生地も冷蔵保存することができます。
その場合は、生地の乾燥に気を付けてください。
保存方法としては、生地をポリ袋に入れたり
ラップなどでしっかりと覆い冷蔵庫で保存します。
1日ほど寝かせた生地は、伸ばしやすくなりベタベタとしないので、
型も取りやすいかと思います。

保存期間(賞味期限)の目安は?

  • 出来上がったドーナツの賞味期限は、3~4日程度
    ただし、油がまわるので、できるだけ早めに食べた方が良い
  • ドーナツの生地の賞味期限は、1~2日程度

冷凍保存で長期保存

手作りドーナツは、3日以上保存したい場合は、
冷蔵保存ではなく冷凍してしまった方が、油のまわりを
遅らせることができるため、冷凍しましょう。

保存方法としては、ドーナツが冷めたら、ラップに包んで、
フリーザーバッグに入れて、しっかりと空気を抜いて密封して、冷凍保存します。

ドーナツ生地も冷凍することができ、
その場合は、塊の状態ならラップに包んで
フリーザーバッグに入れて冷凍します。
小分けにした場合は、上記の様に保存しても良いですし
型を取ってから保存します。
その場合は、タッパーやお皿などに入れて、封をしたり、
ラップをかけて保存してください。

解凍するときは、自然解凍が良いでしょう。
常温で解凍するか、食べる前の日に冷蔵庫に
移して解凍します。
ドーナツ生地の場合も同様です。
揚げたドーナツに関しては、電子レンジやオーブントースターで
解凍することもできます。
なお、電子レンジやトースターを使用する際は、
下にクッキングシートやキッチンペーパーを敷いてから
加熱するようにしましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍ドーナツ、生地の保存期間は、2~4週間程度

スポンサーリンク

油がまわったドーナツの油を切る方法

ドーナツは時間が経つと全体に油がまわって
ギトギトになってしまいます。
そうなると、おいしくありません。
ですので、美味しく食べるためには、
油を落とす必要があります。
油の落とし方は、ドーナツをクッキングシートに包んで、
電子レンジ(600w)で、20秒ほど加熱します。
その後裏返しにして、さらに20秒ほど加熱します。
ひっくり返す前に、クッキングシートが油を吸い過ぎているようなら、
交換してください。
加熱し終わったら、ドーナツにクッキングシートに油を吸わせるように
軽く押してください。
クッキングシートを交換して、トースターで焼き上げます。
2~2.5分加熱すれば、油はかなりとれているかと思います。
これで、ギトギトドーナツがあっさりサクサクドーナツに変身します。
この方法は、市販のドーナツにも適用できますので、試してみてください。

まとめ

  • 手作りドーナツは、保存料を使用していないため、保存が効かない
  • 常温保存もできるが、暑い時期は冷蔵保存が良い
  • 3日以上保存するのであれば、冷凍保存が良い
  • 揚げる前のドーナツ生地も冷蔵・冷凍保存できる
  • 解凍は自然解凍が良い
  • 油を切るために、電子レンジとトースターを使用する
  • 油を切るとサクサクのドーナツになる


このようにまとめることができます。
保存をうまく行い、いつでも美味しく食べれるようにしましょう。
手作りドーナツを簡単に作る方法として、
ドーナツメーカーというものも販売されていますので、
そういったものも使用してみるとよさそうです。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。