手作りババロアの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

手作りババロアを保存したいとき、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは、手作りババロアの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

手作りババロア

手作りババロアは基本的に常温保存はNGです。
ですが、外に持っていくこともあるかと思います。

その場合、保冷ボックスに保冷剤を入れて、
その中にババロアを入れて保管します。
なるべく暑い場所には置かないようにしましょう。

保存時間を書くと、
夏場の暑い時期などの場合は、4~6時間程度。
冬場の寒い時期で室温が低い場所でしたら、12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、ゼラチンの量やお住まいの地域、室温によって変化しますので、
上記の時間はあくまでも参考までにとどめておいてください。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、器に入っている場合は乾燥しないように
上からラップをして保存すると良いでしょう。

なお、持ち歩くときは保冷剤で冷やしながら持っていくと良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は2~3日程度
それ以上保存すると風味が劣化したり、
たとえ冷蔵庫の中でも菌は繁殖しますので、
腐る可能性があります。

特に、卵や生クリームを使用しているので、
ババロアは傷みやすい食べ物ですので、注意してください。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、器の上からラップをして
さらにフリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

ババロアの配合によっては、解凍すると食感が変わるかもしれませんが、
問題なく食べられると思います。

解凍は?

解凍は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。
半解凍して食べると、独特のシャリシャリ感が味わえて
違った美味しさが楽しめますし、
全解凍して食べると普通のババロアが楽しめます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、およそ1ヶ月程度
それ以上保存すると風味が劣化してしまう可能性があります。

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。
また、常温で長く置いておいた物(夏場に半日以上など)や
冷蔵庫で長期間保存(1週間程度)していた物は
見た目やにおい、味に変化がなくても食べない方が無難でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
手作りババロアは、基本的には冷蔵庫で保存し、
持ち運ぶ際は、保冷ボックスに保冷剤を入れて冷やしながら
持っていくことをおすすめします。

冷凍保存もできますので、
長期保存したい場合は、冷凍保存すると良いでしょう。
なお、半解凍して食べると違った食感が味わえるので、
こちらもおすすめです。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。