手作りブラウニーの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

手作りブラウニーを作り置きしたいときなどに
保存が必要になると思いますが、
どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは、手作りブラウニーの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

手作りブラウニー

手作りブラウニーは常温もしくは冷蔵で保存すると良いでしょう。
ただし、常温の場合だと夏場などの暑い時期や梅雨時期などは
傷みやすいため冷蔵保存した方が良いです。

保存方法としてはあら熱が取れたらしっかりとラップに包んで
直射日光を避けて出来るだけ涼しい場所で保存します。

出来上がりよりも1日寝かせた方が美味しくなります。

賞味期限については、季節やお住まいの地域などによって変わってきますが、
2日程度は日持ちするかと思います。

それ以上保存したい場合は、冷蔵庫で保存すると良いでしょう。

また、手作りブラウニーをプレゼントする場合は、
乾燥しないようにしっかりとラッピングして
室温が高い場所で置いておく場合は保冷剤などで冷やしておく方が良いです。

渡した相手に当日もしくは翌日までには食べるように伝えると良いでしょう。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、あら熱が取れたらしっかりとラップで包んで、
できればタッパーやジップ付袋などの密閉出来る物に入れて保存します。

食べる際は、冷えた状態で食べても良いのですが、固い状態なので、
常温でしばらく置いておくか、電子レンジで人肌程度になるまで温めてから
食べると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、3~4日程度
それ以上保存すると、たとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので、腐る可能性が出てきます。

冷凍保存は?

ブラウニーは冷凍保存することも出来ます。
保存方法としては、1切れずつに切ってあら熱が取れてからしっかりとラップで包んで、
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

解凍は?

解凍するときは、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍をするか、
電子レンジの解凍機能を使用して解凍しても良いでしょう。

食べる際は、電子レンジで人肌程度に温めてから食べると良いです。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、1ヶ月程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどにより
風味が劣化したり冷凍庫のにおいが移ったりする可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする
  • 油がまわったような味になっている

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。
特に、25℃以上の常温で長く置いておいたり、
冷蔵庫で長期間保存していたりすると傷んでいる可能性がありますので、
保存には気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
手作りブラウニーは出来たてよりも翌日の方が
甘みが落ち着いて美味しいと思います。

保存は、常温での保存でも問題ありませんが、
夏場や湿度の高い時期は常温保存よりも冷蔵保存した方が無難です。
たくさん作った場合は、冷凍保存も出来ますので、
試してみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。