手作りプリンの保存方法と賞味期限は?

プリンをたくさん作ってしまった場合や
手作りプリンを友達などにプレゼントしたい場合、
お弁当などに持っていきたい場合に
保存方法やどれくらい日持ちするのかなどの
賞味期限が気になると思います。
こちらでは、手作りプリンの保存方法と
賞味期限について紹介いたします。

スポンサーリンク


プリンの常温保存は?

プリンの常温保存は基本的にしないでください。
プリンの粗熱を取るために常温化で置いておいた場合
直射日光に当たっていなければ、
せいぜい2~3時間程度が無難かと思われます。

季節にもよるかと思いますが、
30度以上の室温で放置したりすると数時間で傷む
ということも考えられます。

もし、お弁当に持っていきたい
あるいは友達に渡したいといった場合ですと、
当日まで冷蔵庫で冷やしておいて、
持っていく際は、保冷剤を使用してプリンが
温かくならないようにして持っていくと良いでしょう。

クーラーボックスや保冷剤を入れた箱の中の
温度が10度以下ですと、半日程度は
大丈夫かと思います。

手作りプリン

冷蔵保存は?

冷蔵保存の場合は、プリンの粗熱が取れたら
タッパーに入れている場合は、しっかりと蓋をして
小さい容器に入れている場合は、ラップをしたうえで
タッパーなどの密閉できる容器に入れて
保存されるのが望ましいです。

プリンは、そのまま冷蔵庫に入れておくと
乾燥していきますし、においも吸着しやすいため、
できるだけ空気に触れさせないように密閉して
保存する必要があります。

特にネギなどと一緒に入れてたりすると、
プリンがねぎのにおいになってしまいます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

手作りのプリンの場合ですと、
保存料などが入っていませんし、
衛生管理面から考えて
冷蔵庫で保存したとしても2~3日程度
食べきった方が無難かと思います。

スポンサーリンク


 

冷凍保存は?

ゼラチンで固めたプリンの場合は、
冷凍保存できるのですが、
蒸しプリンや焼きプリンは冷凍すると、
解凍したときに水分が浮いてきて、
中がスカスカのような水を含んだスポンジのような
食感になりますので、お勧めできません。

もし冷凍されるのでしたら、
解凍は冷蔵庫で半解凍くらいにするか、
常温で半解凍くらいにしてシャーベットのように
して食べると、良いかもしれません。

その際の冷凍方法ですが、
冷蔵庫同様におい移りと乾燥を防ぐため、
タッパーやフリーザーバッグなどに入れて、
しっかりと空気を抜いて封をして冷凍します。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍プリンの賞味期限は、1か月程度

腐るとどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • 異臭がする
  • 酸っぱい味やにおいがする
  • 味がおかしいと感じる
  • カビが生えている
  • 暖かいところで放置していたプリン

このような場合は食べない方が良いでしょう。
特に、常温でしばらく放置していたような場合は、
外見やにおいに変化がなくても、菌が増殖して毒素を
出していることがあります。
つまり、変化がないのに食中毒になるという危険がありますので、
季節にもよりますが、暖かいところで(特に夏場)放置していたものは、
食べない方が無難でしょう。

まとめ

手作りプリンは、中にかぼちゃやココアなど
入れたりもしますが、基本的には冷蔵保存で2~3日以内に
食べた方が無難かと思います。
また、常温で持ち歩くような場合は、保冷剤を使用して
できるだけプリンが暖まらないように工夫してください。
冷たい状態ですと菌の繁殖を遅らせることができますので。

また、ゼラチンで固めたもの以外の手作りプリンは
冷凍保存すると解凍時に食感や味が変化してしまうので、
基本的にはやめておいた方が良いかと思います。

LINEで送る
Pocket



スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す




CAPTCHA