手作りモンブランの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

モンブランを手作りした時に、手渡ししたい場合や
たくさん作ってしまった場合などに
保存が必要になってくるかと思います。
その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは手作りモンブランの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

モンブランケーキ

モンブランの常温保存は基本的にNGです。
保存するなら冷蔵庫で保存するのが適切です。

もし常温で置いておかなければいけない場合、
例えば、誰かに手渡しする場合など。
その場合、箱などに入れて温度が上がらないように
保冷剤を入れて冷やしながら持っていきましょう。

保冷剤などを使わず、常温で置いておける時間は
夏場などの暑い時期の場合は、4~6時間程度。
冬の寒い時期の場合で室温が10℃以下の場合は、1日程度。
それ以外の季節(10~20℃程度)の場合は、
6~12時間程度でしょうか。

ただし、材料の違いやお住まいの地域、室温や外気温、湿度などによって
置いておける時間は変化しますので、上記の時間は
あくまでも参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

冷蔵庫で保存する場合、乾燥を防ぐためラップに包んだり、
タッパーやジップ付袋などの密閉できる物に入れて保存すると良いでしょう。

ラップで包んでしまうと、形が崩れる可能性が高いため、
タッパーが良いかと思います。

食べる際は、そのまま出して食べることが出来ます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、1~2日程度
それ以上保存すると、たとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌が繁殖しますので、腐る可能性があります。

冷凍保存は?

モンブランは冷凍保存することも出来ます。
冷凍保存する場合は空気に触れないようにタッパーに入れるか、
ラッピングしてからフリーザーバッグに入れて
しっかりと空気を抜いて保存します。

解凍は?

解凍は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍します。
ゆっくりと解凍した方が良いので、常温での解凍よりも
冷蔵庫での解凍が適切です。

食べる際は、解凍しきってから食べても、
半解凍でシャーベット感覚で食べても良いかと思います。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、およそ1ヶ月程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどによって
風味が劣化する可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。
特に常温に長時間置いておいた場合や冷蔵庫で長期間保存していた場合は、
傷んでいる可能性がありますので、
見た目、におい、味をしっかりと確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
モンブランは手渡ししたい場合は、
温度が上がらないように保冷剤を使ったり、
保冷バッグを使ったりして冷やして持っていくようにしましょう。

通常の保存は、冷蔵保存で
長期保存したい場合は冷凍保存も可能ですので、
冷凍保存すると良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。