水で戻した麩の保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

麩を水で戻したはいいが使う予定がなくなった場合や
あらかじめ水や出汁などで戻す、あるいは煮たものを
保存しておきたい時に、保存が必要になってくるかと思います。

では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは戻した麩の保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

麩

戻した麩は常温で置いておくのはNGです。
温度にもよりますが、常温は菌が繁殖しやすいため、
置いておくとぬめりが出てきたり、変なにおいがし出したりします。

季節にもよりますが、
常温で置いておける時間を書いておくと、
夏場などの暑い時期は4~6時間程度。
冬場などの寒い時期で暖房の効いていない部屋の場合は、12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、お住まいの地域や室温などによって変化しますので、
上記の時間はあくまでも参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

冷蔵庫で保存する場合は、ぬるま湯から出してタッパーなど密閉できるものに入れて
保存するか、ラップに重ならないように包んで保存するのも良いかと思います。

使用するときは、冷蔵庫から出してそのまま調理できます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は2~3日程度
もうちょっと日持ちするかもしれませんが、
それ以上保存するとたとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので、腐る可能性があります。

冷凍保存できるの?

戻した麩は冷凍することも可能です。
冷凍保存する場合は、ぬるま湯から取り出し、
大きさにもよりますが、タッパーに入れたり
一つずつラップに包んでからフリーザーバッグに入れて
しっかりと空気を抜いて保存すると良いでしょう。

離乳食などに使う場合は、水で戻すのではなく
出汁で煮た麩を冷凍すると解凍してからすぐに使えるので便利です。

解凍は?

解凍は、使用する前日に冷蔵庫に移して自然解凍するか
電子レンジで解凍しても構いません。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間はおよそ1ヶ月程度。
それ以上保存することも出来ますが、
冷凍期間が長くなると冷凍焼けなどにより
風味が劣化してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • ぬめりが出ている
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は、
使用しない方が良いです。

特に常温で長時間置いておいた物や
冷蔵庫で長期間保存していた物は、ぬめりや変なにおいがしてもおかしくありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お麩を戻してから保存する場合は、
常温は避けて冷蔵庫や冷凍庫で保存するようにしましょう。

麩を出汁で煮てから保存すると使い勝手が良くなります。
お麩は通常ぬるま湯で戻し、戻すのに30分はかかりますし、
大きな物や二重になっているものなどは1~2時間かかるものもあります。

戻しておいて保存するのは、使う用途にもよると思いますが、
使い勝手は良いかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。