このサイトはアフィリエイトプログラムを利用しています。

また、プロモーションを含む場合があります。

羊羹の賞味期限切れはいつまで食べられる?開封後は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

羊羹の賞味期限はメーカーにもよりますが、約1年となっています。
それを過ぎると賞味期限切れになるのですが、そこからいつまで食べることが出来るのでしょうか?
また、開封後はどのくらい日持ちするのでしょうか?

スポンサーリンク

羊羹の賞味期限切れはいつまで食べられるの?

羊羹

賞味期限は消費期限と異なり、美味しく食べられる期間を指しています。
これを過ぎたからと言ってすぐに食べられなくなるわけではありません。

賞味期限は余裕を持って設定されていますので、
羊羹の場合は賞味期限が過ぎてから2~3ヶ月程度は美味しく食べることができます。

これが半年や1年など大幅に賞味期限が過ぎた場合、
風味が劣化する可能性やカビが生えたりと腐敗する可能性も出てきます。

賞味期限が大幅に過ぎている場合は、見た目やにおい、味を確認の上
食べるかどうか判断してください。

基本的に見た目やにおい、味に異常がなければ食べることはできます。

開封後の賞味期限は?

開封後は記載されている賞味期限は無効になってしまいます。
ですので、なるべく早めに食べるようにしましょう。

保存方法としては空気に触れないようにしっかりと密封して
冷蔵庫にて保存するようにしてください。

この状態で1週間程度は日持ちします。

それ以上保存していると風味の劣化や腐敗する可能性が出てきます。

冷凍保存も可能

羊羹は冷凍保存も可能です。

その場合、冷蔵庫で保存するときと同様しっかりと密封して
冷凍庫にて保存します。

この状態で賞味期限に関わらず1ヶ月程度は日持ちします。
それ以上保存すると冷凍焼けにより風味が劣化する可能性があります。

1食分ずつに切って保存すると食べやすくなります。

解凍は食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。

腐るとどうなるの?どうなったら食べない方が良いの?

  • カビが生えている
  • 酸っぱいにおいや味がする
  • 変なにおいや味がする
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている

このような状態になっている場合は、食べないようにしましょう。

なお、表面が白くなることがありますが、これは砂糖の結晶で白くなっているので、
カビではありませんので食べることができます。

通常羊羹に生えるカビはチョコレート色やアズキ色をしており、
羊羹の色に似ていて気づきにくいことがあります。

まとめ

羊羹は未開封の状態で製造より1年程度の賞味期限が設けられています。
そこから2~3ヶ月経っても美味しく食べることができます。

これが半年や1年など大幅に過ぎてしまうと風味の劣化だけではなく、
カビが生えるなど腐敗する可能性もありますので、
大幅に過ぎた羊羹は見た目やにおい、味を確認の上食べるかどうか判断してください。

開封後は密封した状態で冷蔵庫で保存することにより
1週間程度は日持ちします。

冷凍保存することも可能で、この場合1ヶ月程度は日持ちするようになります。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。

当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。