魚のマリネの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

魚のマリネをたくさん作った場合や作り置きしたい場合などに
保存が必要になってきます。
では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは、魚のマリネの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

魚のマリネ

魚のマリネは生の魚を使用している物と、
加熱した魚を使用している物とありますが、
いずれにしても常温で置いておくのはNGです。

常温ですと、菌が繁殖しやすい環境なので、
傷む可能性があります。

常温で置いておける時間は書くと、
夏の暑い時期は、4~6時間程度。
冬の寒い時期で暖房の効いていない部屋の場合は、12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、生の魚を使用しているかどうかやお酢の加減やオイルの加減、
ソースで和えているのか、かけている(カルパッチョの様な)だけなのか、
塩分量、お住まいの地域、室温、湿度などによって置いておける時間は変化しますので、
上記の時間はあくまでも参考程度にとどめておいてください。

南蛮漬けのようにしっかりとお酢などに浸かっている場合は、
夏場の暑い時期を除いて常温保存は可能です。
といっても数日程度ですが。

冷蔵保存は?

冷蔵庫で保存する場合は、皿に盛ってある場合は
上からラップをして保存します。

できれば、タッパーやジップ付袋など密閉できるものに入れて
保存すると良いでしょう。

食べる際は、そのまま召し上がれます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、生の魚を使用している場合1~2日程度
加熱した魚を使用している場合は、4~5日程度

酢やオイルの加減(南蛮漬けの様な)によりそれ以上保存(10日など)できるものもありますが、
こちらでは、上記の期間としておきます。

保存期間が長くなると、たとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので、傷む可能性が出てきます。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、タッパーに入れるかフリーザーバッグに入れて
しっかりと空気を抜いて保存します。
小分けにしたい場合は、ラップで1食分ずつ包んでから
フリーザーバッグなどに入れて保存します。

解凍は?

解凍は食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。
もしくは、流水に浸けて解凍するという方法もあります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、およそ1ヶ月程度。
それ以上保存すると冷凍焼けなどにより
風味が劣化したり、冷凍庫のにおいが移ってしまう可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。
お酢を使用しているため、傷んできたときのすっぱいにおいや味が
わからないため、腐っているのかどうか見極めるのが難しいです。

特に生の魚を使用している場合は、
常温に長く置いておいた物や冷蔵庫で長期間保存していた物は、
においや味、見た目に変化がなくても食べるのを控えた方が良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
魚のマリネといっても、ソースで和えた物や
ソースをかけた物などにより保存期間が全く変わってきます。
生の魚を使用している場合は、なるべく早く食べるようにしましょう。
どうしても残ってしまうくらい多い場合は、冷凍保存も出来ますので、
冷凍保存すると良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。