麦茶パックを入れっぱなしは大丈夫?味や賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

濃い麦茶を飲みたい時や、普段そのまま麦茶パックを
入れっぱなしにしている方っておられますよね?

でも、麦茶パックを入れっぱなしにしておくのは
衛生的にも味的にもどうなの?と疑問に思うこともあるかと思います。
そこで、こちらでは麦茶パックを入れっぱなしにしても問題がないかどうかについて
解説していきます。

スポンサーリンク

麦茶パックを入れっぱなしで味はどうなるのか?

麦茶パックを入れっぱなし

煮出したり水出しなどによっても変わるかと思いますが、
麦茶パックを入れっぱなしにすることによって
味は濃くなっていきます。

濃い麦茶が飲みたい場合などに入れっぱなしにすることはあるかと思います。
しかし入れっぱなしにしていると苦味というか雑味が出てくるので、
入れっぱなしにしておくよりも取り出した方が良いでしょう。

麦茶パックはどのくらい入れてたら良いのか?

麦茶パックの入れる時間は一般的には
煮出す場合で沸騰したお湯に麦茶パックを入れて3~5分。
そこから火を止めて1時間程度置いてから麦茶パックを取り除きます。

水出しの場合は、2~3時間程度入れたままにしておき、
その後取り出します。

ただし、これは好みによって異なってくるので、
濃い味が好きな場合は置いておく時間を長くすると良いです。

ですが、入れっぱなしにすることで上記にも書きましたが、
雑味が出てきたり、風味が損なわれたりするので、
入れっぱなしにはせず取り除いた方が良いです。

衛生的にはどうなの?

衛生的に言えば、水出しや煮出しによって変化はあるものの、
最終的には冷蔵庫で保存するため、衛生的にも
基本的には問題はないでしょう。

ただし、常温で置いておく場合や
煮出した後流水で冷まさずにそのまま冷めるまで放置するような場合は、
麦茶パックが入っている物の方が雑菌は繁殖しやすいです。

ですので、入れっぱなしにしておくのであれば、
水出しの場合は、そのまま冷蔵庫で保存し、
煮出す場合は、流水で早くあら熱を取り冷蔵庫に入れた方が良いでしょう。

なお、煮出した場合、やかんに入れた状態で流水であら熱を取った方が
麦茶を入れる容器に熱いまま入れるよりも雑菌は繁殖しにくいです。

スポンサーリンク

麦茶パックを入れっぱなしにしている麦茶の賞味期限は?

麦茶パックを入れっぱなしにしている麦茶は
冷蔵庫で保存していれば、2~3日程度日持ちします。
それ以上保存すると雑菌が繁殖して食中毒の原因になりますので、
早めに飲みきるようにしましょう。

一方、麦茶パックを取り除いた物も2~3日程度日持ちしますので、
基本的には賞味期限は変わりませんが、麦茶パックを取り除いている物の方が
雑菌は繁殖しにくいです。

また、常温で放置しておくと雑菌は繁殖しやすい状態にあるので、
日持ちしません。

雑菌が繁殖しやすい温度は一般的には30~40℃あたりとされています。
ですので、夏場に常温で放置しておくというのは
雑菌にとって繁殖しやすい環境ということになります。

また、煮出してそのまま放置しておくこともしばらくは
雑菌が繁殖しやすい温度を通過しますので、よくありません。

まとめ

麦茶パックを入れっぱなしにしておくと、
風味などの観点から取り除いた方が良いことと、
常温で置いておく場合(基本的には常温で置かないでください)や
冷蔵庫で3日以上経ちそうな場合などは麦茶パックを入れっぱなしにしておくと
雑菌が繁殖しやすいため、衛生的にも取り出した方が良いことがわかりました。

麦茶パックは取り出した方が良いと書きましたし、他のホームページを見ても
取り出した方が良いと書いてありますが、
風味を気にされない方や2~3日中に飲みきってしまうという場合は、
麦茶パックを入れっぱなしにしていても何の問題もありません。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。