あべかわ餅の保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

あべかわ餅が余った場合などに保存が必要になってくるかと思います。
では、どのようにして保存すれば良いのでしょうか?
こちらではあべかわ餅の保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

安倍川餅

常温で置いておく場合乾燥を防ぐため一つ一つラップに包んで
できればジップ付き袋に入れて保存した方が良いです。
保存場所としては、直射日光の当たらない場所で高温多湿ではないところ。
つまりは冷暗所ですね。

購入してきた物も手作りの物もできれば購入した日に食べたいところですが、
置いておくとしたらどのくらい持つのかというと、

夏場などの暑い時期の場合は、4時間程度。
冬場などの寒い時期で室温が10℃以下の場合は1~2日程度。
その他の季節(10~20℃程度)の場合は、6~12時間程度。

ただし、これはあくまでも参考値なので、
もう少し日持ちするかもしれません。

購入してきた物よりも手作りのあべかわ餅の方が
菌が繁殖しやすいため、できれば作ってすぐに食べた方が良いです。

冷蔵保存は?

実はあべかわ餅は冷蔵保存に向いていません。
冷蔵庫で保存するとデンプン質が劣化してしまい風味が衰えてしまいます。
ですので、保存するなら冷凍保存をおすすめします。

ですが、どうしても冷蔵保存するのであれば、
一つ一つしっかりとラップに包んでからジップ付き袋に入れて
しっかりと空気を抜いて保存します。

食べる際には、お餅が硬くなっていると思うので、
ラップに包んだままの状態で電子レンジで短めにチンすると
柔らかくなります。

それでも柔らかくならない場合は、
ラップをはずしてあべかわ餅を軽く湿らせてから再度ラップに包んで
短めにチンしてください。

保存期間(賞味期限)はどのくらい?

保存期間は2~3日程度
もう少し日持ちするかもしれませんが、
冷蔵庫の中でも菌は少しずつ繁殖していきますので、
こちらでは2~3日程度とさせていただきます。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、一つずつしっかりとラップに包んで
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。
フリーザーバッグがない場合はタッパーなどの密閉できる容器に入れて保存しても構いません。

解凍は?

解凍は常温で自然解凍します。
解凍できたら電子レンジで温めて食べると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)はどのくらい?

保存期間は2週間~1ヶ月程度
それ以上保存することも出来ると思いますが、
保存期間が長くなると冷凍焼けなどにより
風味が劣化する可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • すっぱい味がする
  • すっぱいにおいがする
  • 変な味がする
  • 変なにおいがする

このようになっている場合、食べない方が良いでしょう。
あべかわ餅でもあんこがまぶしてあるものは、
カビが生えているかどうかわかりづらいため、
夏場などに長時間放置していたものは、食べるのを控えた方が良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
あべかわ餅は購入してきた物も手作りの物も
できればその日中に食べた方が良いでしょう。
ただし、夏場などの暑い時期の場合は菌の繁殖が早いため、
長い時間常温で置いておくのは腐る可能性がありますので、
冷凍庫での保存が無難です。

万が一お餅が硬くなったのなら、少し水で湿らせた後、
ラップに包んで電子レンジで軽くチンすると柔らかくなると思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。