いかめしの保存方法と賞味期限は?

いかめしを買ってきた場合や作った場合に
保存が必要になってくるかと思います。
その場合、どのように保存したら良いのでしょうか?
こちらでは、いかめしの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

いかめし

いかめしは真空パックされているものなら、
常温で保存することが出来ます。
しかし、ひとたび封を開けてしまうと常温保存はできません。
その場合は、冷蔵庫で保存するようにしましょう。

常温での保存時間を書くと
夏場などの暑い時期の場合は、4~6時間程度。
冬の寒い時期で暖房の効いていない部屋などでは12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、お住まいの地域や塩分量、室温などで変化しますので、
上記の時間はあくまでも参考程度にとどめておいてください。

また、かじった物はそこから菌が繁殖していきますので、
上記の限りではありません。

真空パックされている未開封のものは、
記載されている賞味期限を参考にしてください。

冷蔵保存は?

冷蔵庫で保存する場合、一つずつラップに包んで
できればその後ジップ付袋に入れて保存すると良いでしょう。
もしくはタッパーに入れて保存しても構いません。

器に盛っている場合は、上からラップをかけて保存するのも良いでしょう。

食べる際は、電子レンジで温めて食べると良いでしょう。
加熱する際に、汁(汁があれば)を多めにかけて加熱すると
柔らかく仕上がります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は1~2日程度
それ以上保存すると、たとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので、腐る可能性があります。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、一つずつラップに包んでから
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

解凍は?

解凍は食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍するか、
流水に浸して解凍すると良いでしょう。

電子レンジでの解凍は解凍ムラが出る恐れがあるので、
あまりおすすめではありません。

解凍後、電子レンジで温めてから食べると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安はおよそ1ヶ月程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどにより
冷凍庫のにおいが移ったり、風味が劣化してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • 糸を引いている
  • カビが生えている
  • 妙にネバネバしている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合食べない方が良いでしょう。
特に、開封後や作ったものを常温に長時間置いておいた物や
冷蔵庫で長期間保存していた物は、傷んでいる可能性がありますので、
見た目、におい、味を確かめた上問題なければ
中心部が75℃以上で1分以上加熱してから食べるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
いかめしは、真空パックされているものなら
常温保存が可能ですが、自分で作った物や開封したものなどは
常温保存しない方が良いです。
保存するなら冷蔵庫か冷凍庫で保存しましょう。

いかめしのお弁当がありますが、
日持ちは上記に書いたような日持ちになります。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。