うなぎの蒲焼の保存方法と賞味期限は?

土用の丑の日に食べると良いとされる
うなぎですが、実は土用の丑とは春夏秋冬
どの季節にも必ず1日はあるので、最低でも
年に4回はあるんですね。
基本的に夏に食べることの多いうなぎですが、
お歳暮などでも贈られることがよくあります。

こちらではうなぎの保存方法はどのようにしたら良いのか?
また、賞味期限(日もち)はどのくらい持つのか?
について紹介いたします。

スポンサーリンク


常温保存できるの?

真空レトルトの常温保存可能なうなぎでない限り
基本的には常温保存は避けた方が良いでしょう。

冬なら室温が常に暖かくない状態であれば、
可能でしょうが、夏場となるとクーラーが入っていたとしても
20℃は超えてくるかと思います。
そうなると、菌は当然繁殖していきますし、
仮に室温が30℃を超えだしたらレトルトでない場合、
半日おいただけでも怖い気がします。

保存期間については、各家庭の状況や
季節によっても異なってきますので、
目安としても答えることができません。

うなぎの蒲焼

冷蔵保存の場合は?

レトルトの場合はそのまま冷蔵庫で保存されると
良いのですが、パックに入れて上からサランラップで
包んだようなものは、におい移りや乾燥を防ぐため、
念のためパックに入った状態でジップ付き袋に
入れてしっかりと空気を抜いて保存されると良いでしょう。

また、保存場所としては普通に冷蔵庫で構わないのですが、
できればチルド室に入れて保存された方が日持ちします。

保存期間(賞味期限)の目安は?

通常は記載されている賞味期限を目安に
されると良いでしょう。
もし書かれていない場合は、3日程度を目安
食べた方が良いかと思います。
また、タレのかかった蒲焼よりも
白焼きの方が日持ちしません。

美味しく仕上げる方法
もしうなぎのかば焼きをグリルやトースター、
フライパンなどで加熱されるのでしたら、
加熱される前に蒲焼表面についている
タレを水でしっかりと洗い流してください。
そうすることで、焼いたときに焦げ付かなくなります。
焼きあがったら、付属のタレをつけて
1分程度再度トースターなどで加熱すると
香ばしいうなぎのかば焼きに仕上がります。
市販のうなぎをふわふわにする方法はこちら

スポンサーリンク




 

冷凍保存の場合は?

うなぎの蒲焼を冷凍される場合、
レトルトの場合はそのまま冷凍庫で
保存されると良いのですが、
パックなどに入っているものや、
パックやレトルトから取り出したものは、
まず流水で表面についているタレを
洗い流してから、キッチンペーパーなどで
余分な水分を拭き取り、ラップに包んで
さらにフリーザーバッグに入れて、
しっかりと空気を抜いて冷凍庫に入れます。
※流水で洗い流すのは上記の理由から

なお、うなぎのひつまぶしやちらし寿司などに
される場合は凍った状態でうなぎを切った方が
切りやすいです。

解凍方法は?

レトルト状の場合は、沸騰したお湯に5~8分程度
入れて解凍し、そのままいただくことができます。

パックなどから出したものは、
電子レンジを使用する場合、ラップからだして
少し深めの皿に入れて、上から日本酒か焼酎を
振りかけます。なければ料理酒でも構いません。
その後、皿にラップをして電子レンジで温めます。

フライパンを使用する場合は、
フライパンにアルミホイルをくしゃくしゃにしたものを
広げて、その上に冷凍蒲焼を皮が下になるように乗せて、
酒をフライパン全体に広がる程度、もしくはうなぎが
1/4程度浸かるくらいまで入れて、フライパンに蓋をして
中火焦げ付かないように様子を見ながら蒸し焼きにします。
お酒と一緒にうなぎのタレを混ぜると風味が豊かになります。

どのような温め方もそうですが、
温めた後に、グリルやオーブントースターで
軽く焼き上げることで、ふっくらとして香ばしいうなぎの
蒲焼に仕上がります。

その方法として、事前にグリルやトースターを温めておき、
温めたうなぎの蒲焼にタレをまんべんなく塗ります。
次にくしゃくしゃにしたアルミホイルを広げたものに
温めたうなぎが崩れないように皮が下になるように
移して、表面に泡がふつふつと出て、香ばしいにおいが
するくらいまで焼き上げます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍保存の賞味期限は、1か月を目安に保存します。
それ以上保存することも可能ですが、保存期間が
長くなるにつれ風味が落ちていきますので、
できるだけ早めに食べた方が良いでしょう。

また、スーパーなどで販売されているものは、
冷凍したものを解凍して販売されていることが
ありますので、その状態のものを冷凍すると
再冷凍となり、味がかなり落ちてしまいます。
気にされない場合は、さほど問題はないかと
思いますが、気にされる場合は、冷凍保存せずに
できれば買ったその日に食べた方が無難でしょう。

腐るとどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • 夏場など暑い時期や暖かい時期に
    常温保存可能でないものを長時間置いていた場合
  • 酸っぱいにおいや味がする
  • カビが生えている
  • 変にねばねばしていたり、糸を引いている

このような場合は、食べない方が良いでしょう。
また、冷凍保存以外で賞味期限や消費期限が
大幅に過ぎてしまっている場合は、
冷蔵保存であったとしても少々怖いですね。

まとめ

うなぎの蒲焼は基本その日のうちに食べるか
保存したとしても冷蔵庫で数日保存したものを
食べるのが風味の劣化も少なく
美味しくいただけるかと思います。
※もともと冷凍されているものは除く

どうしても、食べきれないあるいは食べる予定が
なかったりずいぶんと先の場合に限り
多少風味が劣化しますが、冷凍保存すると
良いでしょう。

いずれの場合においても、
解凍の項目で上げた調理法で
ふっくらと香ばしいうなぎの蒲焼に
仕上がりますので、食べる際は
調理法に力を入れると良いでしょう。

LINEで送る
Pocket



スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す




CAPTCHA