ぶり大根の保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

ぶり大根が余った場合や作り置きしたい場合などに
保存が必要になってきます。
では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは、ぶり大根の保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

ぶり大根

ぶり大根の常温保存は基本的にNGです。
常温で保存できる温度帯としては、室温が10℃以下の場合に
保存が出来ます。

保存方法としては、しっかりとラップをして10℃以下の室内に置いておくと良いでしょう。
ただし、直射日光は避けてください。

夏場など気温が上昇する時期もそうですが、
暖房などが付いており、室温が10℃以上になっている場合は
冷蔵保存するようにしましょう。

季節ごとの保存時間を書いてみると、
夏場などの暑い時期の場合は、4~6時間程度。
冬場などの寒い時期で、室温が10℃以下の場合は1日程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、味付けの濃さやお住まいの地域、室温、湿度などによって
置いておける時間は変化しますので、
上記の時間はあくまでも参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、器に盛ってある場合はあら熱が取れたらしっかりとラップをして保存します。
良い保存方法としては、タッパーなど密閉できる物に入れて、
保存するとにおい移りなどもなくなります。

食べる際は、電子レンジで加熱してから食べると良いでしょう。
多少日にちが経っている場合は、中心部が75℃以上で1分以上加熱すると
殺菌できますので、心配はなくなります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、味付けの濃さなどにもよりますが、
およそ2~3日程度
それ以上保存するとたとえ冷蔵庫の中とはいえ、
菌は徐々に増殖しますので、腐る可能性が出てきます。

冷凍保存はできるの?

冷凍保存ですが、ぶりはOKなのですが、
大根を冷凍解凍すると、水分が出てしまいほくほくだった食感が、
筋が入ったような食感になったり、ぶよぶよになったり柔らかくなったりしますので、
食感の変化が嫌な場合は、冷凍保存はおすすめできません。

冷凍保存するメリットとしては、大根に煮汁が染みこみやすくなることでしょうか。
食感は変わってしまいますが、その食感が好きという方もおられるため、
好みの問題となります。

保存方法としては、あら熱が取れたらフリーザーバッグに煮汁ごと入れて、
できるだけ平らになるようにして、しっかりと空気を抜いて保存します。

解凍は?

解凍は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行なうか、
流水に浸して解凍すると良いでしょう。

解凍後、電子レンジで加熱するか、フライパンや鍋などで再度加熱すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、およそ1ヶ月程度
それ以上保存することも可能なのですが、
保存期間が長くなると冷凍焼けなどにより
風味が劣化したり、冷凍庫のにおいが移ったりすることがあります。

スポンサーリンク

腐るとどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。
特に常温で長時間置いておいたり、冷蔵庫で長期間保存しているような場合は、
菌が増殖していますので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ぶり大根は基本的に冷蔵庫で保存するのが良いでしょう。
冷凍庫で保存すると大根の食感が変わってしまうため、
食感が変わった大根が嫌いな場合はおすすめできません。
食感が変わっても大丈夫という場合は、冷凍保存も出来ますので、
作り置きもできます。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。